創成館 特別な「1勝」 甲子園交流試合

©株式会社長崎新聞社

価値ある1勝を挙げ、試合終了後に校歌斉唱する創成館の選手たち=甲子園球場

 2020年甲子園高校野球交流試合第2日は11日、兵庫県西宮市の甲子園球場で3試合が行われ、長崎県の創成館は平田(島根)に4-0で快勝した。各校1試合限定という特別な甲子園で、価値ある「1勝」を手にした。
 創成館は三回、田中雄大の中前適時打で先制。七回に長田雄生の中犠飛で2-0とリードを広げると、八回は代打岩崎聖英の内野安打を足掛かりに集中打で2点を加えた。守ってはエース白水巧、坂口英幸、前田泰志の3投手で完封リレー。バックも無失策で投手陣を支えた。