【高校野球】広島石原は「よし兄ちゃん」 甥っ子の県岐阜商・石原英弥が万感の聖地デビュー

©株式会社Creative2

県岐阜商・石原英弥は甲子園高校野球交流試合で初の公式戦出場を果たした

今大会で自身初のベンチ入り、初の公式戦出場を果たした2年生の石原英弥

広島・石原慶幸捕手の甥っ子で県岐阜商(岐阜)の2年生・石原英弥内野手が11日、甲子園で行われた「2020年甲子園高校野球交流試合」の大会2日目、明豊(大分)戦で公式戦初出場を果たした。8回に代走で途中出場するとそのまま遊撃のポジションに就き守備機会も無難にこなした。

出番は突然訪れた。8回の先頭で代打・塚原大河(3年)が遊撃失策で出塁。9回の守備に備えてキャッチボールを行っていたが鍛治舎巧監督から「いくぞ」と言われ塚原の代走として公式戦デビューを果たした。

その後は遊撃のポジションに就き、9回2死から明豊の竹本凪海斗(3年)が放った飛球を「はじめは緊張しましたが、準備は出来ていたので足も動いていた」と、しっかりグラブに収めアウトを奪った。

昨秋の県大会、中止となった選抜でもメンバー外。年末年始の宮崎合宿でも遠征メンバーから外れ「悔しくて」と必死にバットを振った。諦めることなく努力を続け今大会で初めて背番号「16」を手にしたが「驚いたが、その姿を見ていてくれたのかなと思っています」と胸を張る。

50メートル6秒で駆け抜ける俊足と堅守が武器

岐阜ボーイズでは「1番・遊撃」で活躍し、高校通算は1本塁打だが50メートルを6秒で駆け抜ける俊足と堅守が持ち味。“石原叔父さん”もプレーした県岐阜商に進学を決めたのは、高校球界で実績のある鍛治舎巧監督が就任したのがきっかけだ。

球界を代表するベテラン捕手とはタイプは違うが「遊撃にこだわりがある。チーム内でも負けたくない」と新チームでは背番号「6」を貪欲に奪いにいくつもりだ。

中学3年以来「よし兄ちゃん」とは会っていないが、幼少期は「プロの世界で長年活躍しているので憧れ続けていました」と、マツダスタジアム、ナゴヤドームで活躍する姿を目に焼き付けた。

公式戦デビューを果たしたが、ここで満足するわけにはいかない。県岐阜商は今大会も2年生が多く貴重な経験を積み新チームも大きな期待がかかっている。

「春、夏でまた戻ってきます。いい報告ができるように」

チームの主力として甲子園の舞台に戻り「よし兄ちゃん」に胸を張って報告するつもりだ。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)