見よ! モニターだらけのインパネを! ホンダのEV「Honda e(ホンダ・イー)」がむっちゃよさげだ!

©オートックワン株式会社

Honda e (ホンダ e) インテリアカラー:ブラック

ワクワクが止まらない! インパクト大なワイドビジョンインパネ

2020年中に市販を予定するホンダの都市型コミューター、Honda e(ホンダ・イー)。

前回はそのしましたが、今回は外観にも増してインパクト大なホンダ eのインテリアについてご紹介していきます!

圧巻のワイドスクリーン Honda コネクトディスプレイ

Honda e(ホンダ・イー)のワイドビジョンインストルメントパネル

どうです、このインパネ!

ベースとなる水平基調のシンプルなインパネ形状自体は、ちょっと昭和の時代のホンダ車を彷彿とさせます。しかしその上に載る2画面の大型タッチパネルモニター「ワイドスクリーン Honda コネクトディスプレイ」は圧巻の一言!

このモニターを使ってどんな新しい体験が出来るんだろうと考えるだけで、もうワクワクが止まりません。

サイドカメラミラーシステムも違和感なく収まる

ドアミラーを廃し後方は左右のモニターで確認!, 左右のデジタルカメラで映します
ドアミラーを廃し後方は左右のモニターで確認!, 左右のデジタルカメラで映します

ワイドスクリーン Honda コネクトディスプレーでは、先進の音声認識機能「Honda パーソナル アシスタント」を採用するなど、コネクテッド技術にも抜かりはありません。

そして、ドアミラーに代わり採用された左右の「サイドカメラミラーシステム」も、ワイドディスプレイと違和感なく並んでいるのがわかります。

新しい電気自動車である以上に、新しい未来を感じさせてくれる乗り物…Honda eは、ホンダらしさ満載の楽しげなクルマになっていました。

あれこれ触ってみたくなる、楽しげなインテリア

室内灯のスイッチはピラー(柱)にある,ルームランプも家庭風のLEDダウンライトに
室内灯のスイッチはピラー(柱)にある,ルームランプも家庭風のLEDダウンライトに

クルマの室内灯って、通常は屋根にある照明部にスイッチがあります。それって当たり前のこと? Honda eではそうした常識も見直されました。家の照明スイッチだって壁にあるんだから、と、ピラー(柱部)にスイッチがついたのです。

逆に今までなんでここについていなかったのか? と思ってしまうくらい違和感がないのも面白いところです。

早く街で乗ってみたくなる1台

,
,

コンパクトなボディサイズですが、室内は必要十分な空間を確保しています。新型フィットやN-BOX、N-WGNなどとも共通する、肩ひじ張らないナチュラルな雰囲気が居心地よさげです。

このようにHonda eのインテリアには、アイコニックな外観に負けない強い個性が隠されていました。

実際に街で乗って、車内をあれこれ触れてみるのが今から楽しみな1台です。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)/撮影:土屋 勇人]