日立、スペインの鉄道車両を受注

23編成、998億円

©一般社団法人共同通信社

 日立製作所は12日、イタリアの鉄道運営会社トレニタリアと、鉄道の高速車両「フレッチャロッサ1000」を受注する契約を結んだと発表した。カナダのボンバルディアのグループ会社と協力して、23編成を計約8億ユーロ(約998億円)で供給する。2022年9月に最初の車両を納入し、22年中にスペインで運行が始まる予定。

 日立とボンバルディアのグループ会社はイタリアで設計、製造する。フレッチャロッサ1000の1編成の全長は約200メートル、乗車定員は約460人で、営業最高時速は360キロ。同じモデルの車両は15年にイタリアで導入されている。