浜辺美波、好きなタイプは「電車でちゃんと足を閉じて座る人」

©株式会社光文社

浜辺美波が、8月9日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で素顔を語った。

浜辺の母から「中学生のころ、仕事で学校を休むことが多く、『学校へ行け』『行かない』でよくケンカしてました。パパが娘を車に詰め込んで送ることもありました」と、親子げんかについてコメントが寄せられた。

浜辺は「最近、反抗期のない子が多いんですけど、私、ガッツリあって。バリバリあったんですよ。本当に激しく反抗期がありました」と苦笑。

だが「こっち(東京)に来たらいつの間にか終わってましたね」と上京を機に収まったという。

また、自身の「人には負けないこと」について、「自分とした約束は何が何でも守る、という頑固さがあると思います」とコメント。

「たとえば、『こういう運動したらいいと思う』って言われたとして、これを何年間も一生ちゃんと続けていく覚悟、自分との約束ができないってなったときは、絶対にやらない」と語った。

男性の好きなタイプを聞かれると「わかりやすい基準でいうと、電車に乗ったときにちゃんと足を閉じて座る人」をあげた。「足を広げて座ることができるけど、そこを閉じるってことは周りの人への気遣いができるとか、つながっていると思うんで」と持論を披露した。

8月12日スタートのドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)に、浜辺は横浜流星とW主演。素顔はかなりストイックなのだ。