12日午後、神奈川に激しい雨の恐れ 浸水・増水に注意を

©株式会社神奈川新聞社

 横浜地方気象台は12日、神奈川県内で同日昼すぎから夜にかけて、雷を伴って1時間30ミリの激しい雨が降る恐れがあるとの気象情報を発表した。低い土地の浸水や河川の増水などに注意するよう呼び掛けている。

 気象台によると、関東甲信地方には暖かく湿った空気が流れ込み、日射の影響で気温が上昇。一方で上空には次第に寒気が流れ込むため、大気の状態が不安定になる見込みとしている。落雷や突風への注意も促している。

 各地の気温は朝から上昇しており、海老名と小田原は35度を超える猛暑日となっている。