首相「累次の判決と異なる」

黒い雨訴訟控訴を説明

©一般社団法人共同通信社

「黒い雨」訴訟の控訴について記者の質問に答える安倍首相=12日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は12日、広島地裁の「黒い雨」訴訟判決で控訴した理由について「累次の最高裁判決とも異なることから、上訴審の判断を仰ぐこととした」と説明した。官邸で記者団の質問に答えた。

 同時に「被爆者は過酷な状況の中で、筆舌に尽くし難い経験をされた。今後もしっかり援護策に取り組む」と強調した。厚生労働省が援護対象地域の拡大も視野に、検証を進めると表明した。