ハワイ州 感染拡大ペースが全米で最高に

©SEVEN AND EIGHT LLC

Shutterstock.com

ハワイ州の新型コロナウイルスの感染拡大のペースが、全米で最も高くなっていることがわかった。Hawaii News Nowが報じた。

専門家の追跡によると、同州の再生産数(1人の感染者が何人に感染させるかを表す数値)は1.6で、2番目に高いサウス・ダコタ州は1.2を大きく上回った。テキサス州は1.16だという。

なおニューヨーク州では、クオモ知事は再生産数が1.2を超えると感染が急拡大するとして、事業再開には、再生産数を1.1以下に保つ必要があると基準を示している。

ホノルルのカーク・コールドウェル市長は同メディアに「これは、極めて高い」と語った。

同州で集団検査を監督するスコット・ ミスコビッチ博士は、数値は「いかに深刻に取り組む必要があるかを明白に示したものだ。われわれはマスクを着用しなければならない。ソーシャルディスタンスをしなければならない」と語った。また「ウイルスは密接した呼吸環境で拡大している。屋外に出なさい。これは深刻だ」と、州民により外で過ごすよう呼び掛けた。

ニューヨークタイムズによると、11日時点の米国の累計感染者数は515万人で、死者数は16万4,400人となった。ハワイ州の累計感染者数は3,733人。人口に占める感染者数は北マリアナ諸島とバーモント州に次いで低いが、過去7日間の感染者数は1,165人に上っている。

大統領選に出馬し、民主党候補者討論会で全米の注目を集めた同州選出のトゥルシ・ガバード(Tulsi Gabbard)下院議員は同日、ツイッターで、拡大防止策に関する州の対応を批判した。デイビッド・イゲ州知事に対し「これはあなたの責任だ」と述べ「あなたの保健局長は訓練をした数百人のコンタクトトレーサーを待機させたままだ。彼らが必要だと考えていないのだ」と非難。「この間に、われわれの感染率は全米で最高となってしまった。これは重大な過失だ」と述べ、知事とブルース・アンダーソン保健局長の辞任を求めた。

ニューヨーク州のクオモ知事は11日、ハワイ州からの訪問者に対し、14日間の自主隔離を求めると発表した。ハワイのほか、サウスダコタ、バージン諸島が渡航勧告地域に加わった。