控訴の判断「誠につらい」

黒い雨訴訟で広島市長

©一般社団法人共同通信社

広島市の松井一実市長は12日、市役所で記者会見し「黒い雨」訴訟で原告全員を被爆者と認定した広島地裁判決について、控訴したことを明らかにした。松井市長は「誠につらい気持ちではある」と苦渋の決断だったことを明かし、国には訴訟の対応と併せて原告ら黒い雨を浴びた人への早期の援護実現を求めていくとした。