トム・ハンクスが国民的司会者を熱演!『幸せへのまわり道』予告解禁

©株式会社近代映画社

アカデミー賞俳優トム・ハンクスが主演を務める『幸せへのまわり道』が2020年8⽉28⽇(⾦)より全国公開。このたび予告編が完成した。

「今私たちに必要なのはこの映画だ」とメディアも絶賛

本作は、1968 年から2001 年にかけて放送された⼦ども向け長寿番組「Mister Rogers' Neighborhood」で知られる人気テレビ司会者フレッド・ロジャース(Fred Rogers,1928〜2003)の実話の映画化。

雑誌『エスクァイア』に掲載された記事「Can You Say...Hero?」を基に⼤物司会者と雑誌記者の家族の間で育まれた“数奇な友情”を紡いでいく。

このたび解禁された予告編は、雑誌記者ロイド・ボーゲルが司会者フレッド・ロジャースの取材を任されるところから幕を開ける。調査報道を専門とするボーゲルは「提灯記事を書けってこと?」と取材に乗り気ではない様子。

しかし実際に仕事場を訪ねた彼は、誠実で温かいフレッド・ロジャースの人柄にたちまち魅了されていく。そして取材という名目を超えて交流を深めていく。

家族を捨てた父親を許すことができず、心の重荷を長年抱え続けるボーゲル。ロジャースはそんな彼の心のわだかまりを少しずつ溶かしていく。ロジャースが伝える「どの命も尊い」という言葉。その真の意味とは?

映像の途中に挟み込まれるのは、「トム・ハンクスは誰もが知るあのMr.ロジャースになりきった」「今私たちに必要なのはこの映画だ」といった各メディア・映画関係者の絶賛の声の数々。

フレッド・ロジャースになりきったトム・ハンクスの真摯な役作りや、多くの⼈を惹きつけてやまない物語のメッセージ性など、映画の⾒どころを凝縮した映像となっている。

幸せへのまわり道
2020年8⽉28⽇(⾦)よりヒューマントラストシネマ渋⾕、イオンシネマ 他全国公開
配給︓イオンエンターテイメント
© 2019 Columbia Pictures Industries, Inc. and Tencent Pictures (USA) LLC. All Rights Reserved.