ドラッグストアで「レジ袋買わない」8割 5000万人の購買情報を集計した結果

©株式会社ジェイ・キャスト

全国のスーパーやコンビニエンスストアでプラスチック製レジ袋が有料化されて、1か月余り。「NHK NEWS WEB」は、セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンの大手コンビニ3社でレジ袋辞退率が「70%超」となったと、2020年8月12日付記事で報じた。

レジ袋が有料化から1か月余り、各店舗での辞退率は

コンビニ以外でのレジ袋辞退率はどうか。ビッグデータマーケティングのTrue Data(東京都港区)が、7月1日からレジ袋を有料化したドラッグストアにおける「レジ袋の非購入者率」を8月12日に公表した。

若者より中高年の方が買わない人多い

調査は、同社がデータ収集する延べ5000万人規模の購買情報(7月1日~19日)をもとに統計化したデータベースを用いて行われた。

期間中にドラッグストアで1度もレジ袋を購入しなかった来店客を示す「レジ袋非購入者率」は77.2%と、8割近くにのぼった。性別でみると男性67.0%に対して女性は80.3%と女性の割合が、また年齢別では若年層より中高年層の非購入者率が、それぞれ高い結果となった。年代別の詳しい数値は以下の通り。

同社は「出勤や外出のついでに買い物をする機会が多い若い世代が、常にマイバッグを携帯する生活様式が浸透すると、今後さらにレジ袋非購入者率が上がっていく可能性がある」と分析している。

「後ろの人待たせる」が嫌でレジ袋買う

ツイッターで、レジ袋やエコバッグに関する投稿を探すと「エコバッグを最近持ち歩くようになった」との声がちらほら見つかる。もともと、レジ袋有料化前からスーパーへ買い物に行くときはエコバッグを利用していた人の中には「コンビニやドラッグストアなどでも有料になった為、小さく折り畳めるエコバッグも持ち歩くようになりました」と明かす人も。

ただ、

購入品を詰める場所や時間的余裕の有無によって、エコバッグを持っていてもあえてレジ袋を買って店員に詰めてもらう人もいる模様。レジ袋の非購入者率を上げるには、価格や手間以外にも解決すべき課題がありそうだ。