フィギュアの佐藤駿「滑り込む」

10月からのGPへ16歳が抱負

©一般社団法人共同通信社

佐藤駿

 フィギュアスケート男子の昨季のジュニア・グランプリ(GP)ファイナル覇者で今季シニアに転向した16歳の佐藤駿(埼玉栄高)が12日、オンラインで共同通信の取材に応じ、開催が決まった10月開幕のグランプリ(GP)シリーズについて「もっと滑り込んでGPシリーズへ向けて頑張りたい」と力を込めた。

 GPシリーズは新型コロナウイルスの影響で、各大会の出場者を開催国の地元選手などに制限する異例の方式で行われる。佐藤は第6戦のNHK杯(11月27~29日・大阪)に出場する可能性が高く「NHK杯は目標だった。出られるならうれしい」と心を躍らせた。