橋本環奈の「MC力」に驚嘆の声 「テキパキ進行&笑い声連発」愛でる人続出

©株式会社ジェイ・キャスト

「映画『弱虫ペダル』公開記念豪華キャスト大集合SP」(フジテレビ系)に出演している女優の橋本環奈さん(21)が視聴者の間で話題だ。

橋本環奈さん(2020年撮影)

同番組は2020年8月14日公開の映画「弱虫ペダル」の宣伝番組で、11日未明から14日未明まで4日連続(各約10分間)で放送される。出演者は橋本さんをはじめ、永瀬廉さん(21)、伊藤健太郎さん(23)、坂東龍汰さん(23)、竜星涼さん(27)、柳俊太郎さん(29)、菅原健さん(25)、フジテレビの榎並大二郎アナウンサー(34)で、橋本さんは司会者として番組に出演している。

初回放送の冒頭、収録開始15分前に自身が司会であることを聞かされたという橋本さんは笑顔だったが、いつになく浮足立った表情で「さあ、始まりましたね。えー、ということでですね......」と番組開始を宣言。落ち着かない様子をイジろうとする永瀬さんからの「そんな感じなのね、今日は」というツッコミには、「私が一番戸惑ってます」と返したのだった。さらに、「私は(映画では)マネージャー役という立ち位置なので」と、自身の役柄に合わせて司会の座が回ってきたことを明かしたほか、「順序良く進めていきたいと思います」と抱負を語った。

物おじすることなくトークを回す橋本さん

トークが始まると、橋本さんは広いスタジオ内でソーシャルディスタンスを取って椅子に座る6人の役者たちにきちんと目線を送りつつトークを振り、テキパキと番組を進行。年上の共演者が多いなか、橋本さんは物おじすることなくトークを回し、無事に番組を終えたのだった。

また、第2回となる12日未明の放送では余裕が出てきたのか、橋本さんはトレードマーク(?)である高らかな笑い声を連発。「チーム総北で一番スポコン向きなのは誰だ?」といったトークの際には「アハハハ!」と豪快な笑い声を披露していたため、ネット上では「MC環奈シーン 環奈ちゃんの笑い声大好き」といったツイートが続出するなど、危なげなく番組を仕切っている様子を愛でる声が相次いだ。

グループアイドル時代にすでに見せていた「片鱗」

これら、なかなかの「名裁き」を見せた橋本さんだが、その片鱗はすでに垣間見せていたと言っても過言ではない。2014年4月から17年3月まで福岡県で放送されていた「みんなの青春のぞき見TV TEEN!TEEN!」(RKB毎日放送)で橋本さんはサブ司会を担当。当時、橋本さんは福岡県を中心に活動する「Rev. from DVL」に所属していた頃であり、その年齢は当然ながら未成年。それでも、番組中ではお笑いコンビ「ピース」の2人に混ざってテンポよく番組を仕切っていたのだ。それを考えると、今回のように収録15分前に突然司会という大役を任せられてもそつなくこなすことが出来るのは、実に自然なことなのかもしれない。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)