52歳貯金370万円。今の貯金額では家族に迷惑を掛けないか心配でいっぱいです

©株式会社オールアバウト

相談者は、心身を壊してしまい、貯金額が少なく心配だという52歳の主婦の方。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

家は20年目のメンテナンスが必要になるため、300万円以上の支出もあります

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。

今回のご相談者は、心身を壊してしまい、貯金額が少なく心配だという52歳の主婦の方。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

相談者

くうさん

女性/無職/52歳

東海/持ち家(一戸建て)

家族構成

夫(58歳)、子ども2人(20代)

相談内容

変則的な書き方ですみません。主人が41歳の時に35年1600万円のローンを組み、私の父の土地に家を建てました。最初の頃は2度の繰り上げ返済をしましたが、途中、アパート暮らしとローン返済が7年続いたため、繰り上げ返済を中断し、65歳まで残ってしまいました。定年になっても65歳まで、今の会社は雇ってくれるそうですが、退職金はあてになりません。

家は20年目のメンテナンスが必要になるため、300万円以上の支出(ローン払い)が控えています。さらに、新築から同居していた私の両親が、トイレを壊したり、家のフローリングや洗面脱衣所の床を腐らせるなどをして、修繕費が300万円以上かかる予定です。

今ある貯金で繰り上げ返済をして、ローン期間を縮めるのが良いのか、家の修理代を優先すべきか、メンテナンス費用をローンにしないほうが良いのか、考えています。

ここは車がないと生活ができない土地柄なので、車は手放せません(1台を第2子に譲り、負担額を減らすつもりでいます)。毎月貯金はしていますが、夫の帰省など、大きな支出の時は持ち出しがあります。私は心身を壊して障害年金をもらっていますが、支給が止まる場合もあります。

第1子は一度、半年だけ勤めましたが、お給料は全額使いきり、現在も働いていません。基本的にあれば使うタイプで、貯金もありません。今の貯金額では、自分の身体のことで、費用面で家族に迷惑を掛けないか、夫の健康など、現在でも心配でいっぱいです。何卒、アドバイスをいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

家計収支データ

くうさんの家計収支データは図表のとおりです。

相談者「くう」さんの家計収支データ

家計収支データの補足

(1)家計について(相談者コメント)

我が家の家計は、主人の口座からお金を出金。ローンや光熱費などの銀行引き落とし。定額貯金をしてそれとは別に、貯金口座への振替をしています。私の口座からは、貯金のための振替と予定外の支出のための引き出しをメインにしています。記載した額よりも多めに主人の口座にお金が残るようにしています(貯金とまではいかない位置付けです)。

(2)車両費について(相談者コメント)

ボーナスより支出しており、年間で約20万円。3台分、ローンは返済済み。年間でかかる費用は、自動車税が軽2台2万円、普通自動車4万5000円、任意保険3台で16万円。

使用頻度が低い車のガソリン代は、主人がお小遣いで賄ってくれています。主に私が使用している車は、メーターが3分の2になったら補給するため、ガソリンをいれる時に私の銀行口座から数千円を下ろしています。

(3)趣味娯楽費について

ボーナスより支出。帰省7万円/年1回、年末年始のお節材料や初詣(御守り含む)4万円/年1回、ボディーソープ1万円/年1回

(4)通信費について

4人分3万円(機種が古くて1台買い替え)

(5)家族の小遣いについて

夫(昼食代、ガソリン代込み)2万9000円、本人7000円

(6)雑費について

3000円(急な出費がある時だけ)

(7)保険について

本人/終身保険(50歳払込済み、死亡保障700万円)

夫/介護保険(終身タイプ、払込済み、介護時に設備費用として20万円、月額20万円、臨時費用200万円

夫/個人年金保険(60歳までの払込、年金額49万4000円、10年確定)=毎月の保険料5000円

子ども/共済=毎月の保険料3600円(2人分)

(8)住居費について

・返済は主人が65歳まで

・ローンの残りは381万円

・均等割りのローンではなかったため、利息の分は支払い済みで、残りは元金だけ

(9)ご家族について

現在、両親は同居していません。第1子は、最近、就労支援などが必要な子だとわかりました。第2子は自主退学したため、ゆくゆくは就職活動をする予定でした(コロナのせいで、探す以前の状態になっています)。

(10)公的年金の見込み額について

私は81万円、主人が130万円です。

FP深野康彦の3つのアドバイス

アドバイス1:ローンを組んでのリフォームはNG。貯蓄した範囲で修繕を

アドバイス2:夫が65歳まで貯蓄を積み上げ、支出の削減をして乗り切る

アドバイス3:夫が71歳、妻が65歳からは年金だけで生活できる

アドバイス1:ローンを組んでのリフォームはNG。貯蓄した範囲で修繕を

ここまで、くうさんは、よくやってこられたと思います。繰り上げ返済を2回も実行していますし、ご自身の健康不安があるなか、ご家族の健康を一番に考えられておられます。くうさんが少しでも安心できるようアドバイスしていきますね。

まず、心配事のひとつ、家の修繕、リフォームのことですが、ローンは使わないようにしてください。まだ住宅ローンが残っていますので、ダブルでのローン返済は避けたほうが賢明です。

リフォームや修繕は、まとめて工事したほうがコストを抑えられるかもしれませんが、くうさんの場合は、貯蓄できた範囲で、その時点で優先順位が高いリフォーム・修繕工事をする、という方法で検討してほしいと思います。具体的に、どのくらい貯蓄ができるのか、試算してみましょう。

現在、毎月8万円の貯蓄ができているとのことですが、家計の収支差をみると14万円弱が残ります。毎月8万円ではなく、10万円に増やすようにしてください。

ボーナスの使い道を拝見すると、赤字ですね。実際は、毎月貯蓄した分などからも年間で必要になるお金が使われていることになります。これからは、ボーナスの範囲で収まるようにして、毎月10万円の貯蓄は手を付けないようにしてください。

そうすると、年間で120万円貯蓄ができ、ご主人が60歳になるまでの2年間で240万円貯めることができます。

ご主人が60歳から65歳までの5年間は、収入が減ることを考えると、年間の貯蓄は半分の60万円を目標にしてください。5年間で300万円貯めることができます。ここまでで、540万円が現在の貯蓄370万円に上乗せされ、65歳時点で、貯蓄合計は910万円になります。

リフォームと修繕の予定額は600万円ですから、この間に2回ぐらいに分けて工事をする、もしくは毎年100万円程度の予算にとどめ、気になるところから工事をする、ということにされてはいかがでしょうか。

結果的に、65歳時点での貯蓄は約300万円ということになりますが、住宅ローンの返済もちょうどなくなりますし、リフォーム・修繕費のローンもなければ、その後の生活の安定につながるでしょう。

アドバイス2:夫が65歳まで貯蓄を積み上げ、支出の調整をして乗り切る

ご主人が60歳から65歳までの5年間に、車の買い換えがあると思われます。先に説明したように、65歳時点での貯蓄は300万円。車の買い換えは150万円程度に収めてください。残り150万円となりますが、60歳からご主人の個人年金が約50万円受け取れますから、これも貯蓄に回せれば、5年間で貯蓄を上乗せしていくことができます。

そうするためには、家計支出をコントロールするようにしてください。現在も大人4人の暮らしとしては、かなりコンパクトな生活だと思います。削減できるところはほとんどありません。

しいて言えば、お子さん2人の共済は不要です。第2子の方は、現在の社会状況では難しいとは思いますが、就職が決まるまでの間、少しでもバイトなどで、ご自身の通信費や車の維持費を負担してもらえると、だいぶラクになるのではないでしょうか。

ご主人が65歳になれば、公的年金の受給が開始され、年間130万円が受け取れます。住宅ローンの返済も終了しますから、現在の支出から約5万円は削減でき、毎月13万円程度の支出となります。年間で156万円です。これに年間で出ていくお金が約40万円。収支は年間で56万円ほどの不足となりますが、ここまで積み上げてきた貯蓄からカバーしていけば、問題ないでしょう。

65歳時点での手元資金が150万円だとしても、60歳からの個人年金が年間約50万円、終身保険と介護保険を解約すれば、500万円程度の返戻金はあるはずです。保険は万一に備えてのことですが、もしも生活が苦しいと感じたら、解約してもいいと思います。

アドバイス3:夫が71歳、妻が65歳からは年金だけで生活できる

くうさんが65歳、ご主人が71歳になった時点で、くうさんの公的年金が上乗せされ、年間で211万円の収入となります。このとき、年間の支出は約200万円ですから、なんとか公的年金の範囲で生活していくことができるのではないでしょうか。リフォーム・修繕済みの自宅が残り、いくばくかの貯蓄を残すことができていると思います。

最後に、第1子の方に関しては、くうさんのご負担にならない範囲で、就労支援のサポートを受けながら、少しでも仕事に就けるよう、フォローしてあげてほしいと思います。第2子の方の考えもあると思いますが、やはり最後は一人で自立できるかどうかは、くうさんにとって気がかりなことだと思います。

当面は、金銭的なことで、何か手続きが必要なことはありません。アドバイスしたように、貯蓄できた範囲でやりくりしていけば大丈夫です。ですから、お金の心配はしなくていいので、お子さんのフォロー、お子さんの就職の応援をしてあげてください。

もちろん、ご夫婦が健康であってのことですから、何よりも、お二人の健康を一番に考えてくださいね。

相談者「くう」さんから寄せられた感想

アドバイス、ありがとうございました。メールを読み、主人とも今後について話し合いました。これからの生活について細やかなところまで考えて下さり、ありがとうございます。これからの生活の指針として、暮らしていきたいと思っています。

教えてくれたのは……深野 康彦さん

マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。

取材・文:伊藤加奈子

(文:あるじゃん 編集部)