かかりつけ医によるPCR検査始まる 長崎市・周辺から

©株式会社長崎新聞社

 長崎県医師会と長崎大、長崎大学病院は12日、地域のかかりつけ医による新型コロナウイルスのPCR検査を始めた。発熱やコロナを疑う呼吸器症状がなくても、体調が悪いなど感染が疑われる場合は医師が総合的に判断し検査が受けられる。
 迅速な検査で感染拡大を防ぐ狙い。同会は「長崎市とその周辺から始め、離島を含む県全域に拡大していきたい」としている。
 検査は、同会に所属し、感染防止や検査体制が整った医療機関で受けることができる。主に唾液の検体を採取し、専門の業者が長崎大学病院に搬送する。1、2日で結果が出るという。
 公的医療保険の適用対象で、検査料は公費で賄われる。初診料などは自己負担。
 同会が会員の要望を受け、県や長崎市などと検査の委託契約を一括して結び、検査体制を拡充した。