専門家と採点!災害時のための「簡易トイレ」ベスト5

©株式会社光文社

実際に被災した女性の多くが「困ったこと」の上位に挙げるトイレ問題。体調をくずしやすく、腐敗臭が出やすい夏に選ぶべき簡易トイレと対策とはーー。

「被災時に上下水道が止まると、切実に困るのがトイレです。食事や環境の変化によりおなかを壊せば、さらにトイレが必要になる事態にもなりかねません。特にここ数年の夏は暑さが厳しいので、ただでさえ体調管理が大変。トイレに行きたくないからと水を我慢すれば、熱中症で命を落とす危険さえあります。また、夏はにおいが発生しやすいのも大問題。女性の場合は排せつに対する羞恥心が強いので、トイレ問題はかなりのストレスになります。いざというときのために、安心して排せつできる簡易トイレを準備しておくのは、防災の基本です」

こう話すのは、今までに20種類もの簡易トイレを実際に試してみたという国崎信江さん。その結果、ベストなトイレを選ぶには4つのポイントがあるという。

「まずは便袋が透けないかどうか。外から見えるのは自分でも不愉快ですし、ゴミとして出したときも恥ずかしいですよね。次に、固める・においを消すといった能力と併せ、処理のしやすさです。暗いなかで作業するかもしれないし、平常心を失っているかもしれないことを考えると、あとからふりかけるタイプだと失敗する可能性が高く、においをかぎながらの作業は気分が悪いもの。続いて、便袋は1回1回取り換えたいので、ムダに大きいものはNG。大きな袋を結んで密閉するのにもかなり力がいるので、サイズと閉じ方もチェックが必要です。最後に、それなりの回数分を用意しておくことを考えれば、収納性も重要。これらをもとに、家庭の事情に合わせ選んでください」

20種類もの簡易トイレを実際に試してみたなかから、国崎さんが女性のための「簡易トイレ」ベスト5を紹介!

【1位】サニタクリーン「簡易トイレ」20枚入り3,300円(税込・以下同)/総合サービス

・袋の色★★★★★
・消臭&凝固方法★★★★★
・サイズ&袋の閉じやすさ★★★★★
・収納性★★

「袋と凝固シートが一体型なので排せつ時にずれず、シートの吸収力も高いので安心。袋の上部に結べるヒモの切り取りがあり、手を汚さずに簡単に結べるのも便利です。ややかさばるのは仕方ないでしょう」(国崎さん・以下同)

【2位】ユニパック「使い捨てトイレパック」2枚入り、ティッシュ付き440円/ユニトレンド

・袋の色★★★★★
・消臭&凝固方法★★★★
・サイズ&袋の閉じやすさ★★★
・収納性★★★★★

「排せつ後の吸収にやや時間がかかりますが、袋の底全体に吸水シートが接着していて、どの位置でもしっかりと受け止めてくれる安心感は抜群。吸収シートタイプにもかかわらず、コンパクトサイズなのも利点」

【3位】BOS「非常用臭わないトイレセット」Bセット:15回分1,944円/クロリン化成

・袋の色★★★★★
・消臭&凝固方法★★★
・サイズ&袋の閉じやすさ★★★★
・収納性★★★★

「先に凝固剤を入れるので、排せつ中に手に持つ煩わしさがありません。防臭機能の高い処理用袋がセットされているので、ゴミの回収が滞るなかでの利便性も高い。最近、袋の視認性などが改善されました」

【4位】マイレット「mini-10」10回分1,980円/まいにち

・袋の色★★★★★
・消臭&凝固方法★★★
・サイズ&袋の閉じやすさ★★★
・収納性★★★★★

「非常にコンパクトで、排せつ物が透けない黒色の袋がポイント。凝固剤には高い抗菌性や消臭性があり、便もしっかり固めることができ、求められる機能は充実。ただし、排せつ後にふりかけるタイプです」

【5位】非常用トイレ「セルレット」10回分1,980円/後藤

・袋の色★★★★
・消臭&凝固方法★★★★
・サイズ&袋の閉じやすさ★★★★
・収納性★★★★

「凝固脱臭剤は、便のときは袋を破ってふりかける必要がありますが、尿はそのまま入れるだけなので手間がなく便利。ヤシ殻の活性炭が、約1時間後には悪臭をしっかり抑えてくれます。ただ、袋がやや薄く、透ける場合も」

地震、台風、大雨など、災害大国の日本では近年、誰しも被害にあう危険性がより高まっている。いざというときのために、簡易トイレをベースに今一度、防災について見直しておこう。

「女性自身」2020年8月18日・25日合併号 掲載