コロナ抜け毛対策に!「天皇の理髪師」語る伝統の頭皮ケア術

©株式会社光文社

(C)JMPA

「天皇陛下のご理髪を担当してまもなくのことです。シャンプーの方法についてお尋ねがあり、私が丁寧にお伝えすると、陛下はたいへん喜んでくださいました」

そう語るのは、1882年創業のサロン「ヘアドレッシングOHBA」の4代目の大場隆吉さん。

大場さんは’07年から約10年にわたって上皇陛下(当時は天皇)と天皇陛下(当時は皇太子)の御理髪掛を担当。東宮御所の改修工事が行われていた’08年ごろの1年間は、天皇陛下が大場さんのサロンに通われていたこともある。

「天皇陛下は当時、ご病気(十二指腸ポリープの手術)をされたこともあり頭皮が硬く、御髪がいつもよりも少し細くなっていました。肩や首のこりもおありで、日々のお務めへの責任感や忙しさが原因のように感じました。

そこで陛下に、少しでもお楽になればと頭皮ケアについてご提案したところ、了解くださり、私の『セルレーション』という“触れる施術”を受けていただきました。以後、ご用のあるごとに陛下のお時間の許す限りご所望いただき、終わるといつも『頭がスッキリして疲れがとれました』と笑顔で声をかけてくださいました」

現在も上皇陛下の弟・常陸宮さまの調髪を担当し、信頼をいただいているという。実は大場さんはヘアだけでなく、30年前から大場家の伝統である「触れ方」を進化させ、頭皮についての研究を続けている“抜け毛対策のスペシャリスト”でもあるのだ。

そんな大場さんのもとに、新型コロナウイルスの感染拡大以降、相談の電話、ホームページへのメールが増えているという。

「緊急事態宣言が出されてしばらくしてからでしょうか。中高年の方だけではなく『10代の息子の抜け毛が心配』というお母さんからの電話や、テレワーク中のビジネスマンや若い世代の女性からも抜け毛に悩む相談が多くなったのです。老若男女を問わず“コロナ抜け毛”と呼ぶべき症状が現れていたのです」

なぜ、コロナ禍において抜け毛が進んでしまったのか――。その原因について、大場さんはまず、コロナ禍への不安と外出自粛による生活習慣の変化を挙げる。

「第一に、外出を控えて自宅で過ごすようになり、多くの方が運動不足になっています。また、通勤を再開した方も、さまざまな予定や日課がなくなったことで生活リズムが乱れ、睡眠不足や食事が不規則になる人も増えました。

さらに、夫や子供もずっと家にいるという状況が続いていることで、家事も増えて大きなストレスを抱えている女性が多いようです。旅行やコンサート、映画、友人との食事さえもできるだけ控えなければならない状況で、ストレスを発散できずにため込んでしまう方も少なくありません」

しかも夏場は、クーラーによる冷え性などで体調を崩す女性が多い季節。そこにコロナ禍での外出自粛が夏休みの間も続くとなれば、頭皮や髪にもかなりの悪影響になってしまうのだという。

「髪の毛は頭皮の『毛母細胞』が活発に分裂・増殖することによって作られます。しかし、このように心身にストレスのかかる窮屈な生活が1~2週間も続くと、新鮮な血液が送られず、頭皮に栄養が行き渡らなくなります。すると十分な細胞分裂ができなくなり、抜け毛が始まってしまいます。血流の悪化が、髪の毛の成長にも影響を及ぼしてしまうのです」

ステイホームの“副作用”ともいえるコロナ抜け毛――。どのように対策すれば、頭髪を守ることができるのだろうか?

大場さんは「毎日シャンプーすること」と「シャンプーのやり方が大切」と力説する。実は、多くの人が頭皮にやさしくない“自己流シャンプー”をしてしまっているのだ。OHBA式の正しいシャンプー法を実践すれば、頭皮が健康になり、抜け毛を止めることができるという。

「“髪の毛を作る工場”である頭皮にしっかり働いてもらうには、凝り固まった頭皮を柔らかく動くようにしてあげることが大事です。シャンプーをするときは、自分の指の腹を密着させてから頭皮を動かし、新鮮な血液が運ばれるようにしてあげましょう。決してゴシゴシこすってはいけません。

私は“ゼログラムタッチ”と呼んでいますが、頭皮に触れるか触れないかというほどふわっと触れ始めるのが肝心です。そして、指の腹を頭皮に密着させたままやさしく円を描きながら、もみこみましょう」

さらに、すすぎやドライヤーの使い方にもコツがあるという。

「すすぎが不十分で、シャンプー、コンディショナーが頭皮に残ったままの方が多いのです。上を向いて洗い流し、泡がなくなってからさらに1分間はシャワーですすぎを続けてください。髪を乾かすときは、まずタオルに水分を移し取るイメージで拭き取ってから、保湿用ローションを頭皮につけましょう。ドライヤーは20センチほど離し、最後は冷風にします。

頭皮は、植物を育てる土壌のようなもの。シャンプーをすることで、頭皮は柔らかくなり、厚みと弾力を取り戻します。また、しっかり浴槽に浸かってからこのシャンプー法を実践すれば足や手先からも血の巡りがよくなり、全身の代謝が上がり、抜け毛の防止だけでなく、手足の冷えも改善されてきます。

私が提唱するシャンプー法を毎日3カ月続けて、風邪をひきにくくなった、よく眠れるようになったというお客さまの声も多く寄せられています」

天皇陛下も実践された頭皮マッサージ。ステイホームの日々が続くこの夏も、正しい頭皮ケアで“コロナ抜け毛”を防げば、心も体も健康になれるはず!

「女性自身」2020年8月18・25日合併号 掲載