中医薬材料の栽培が地域の代名詞に 黒竜江省勃利県

©新華社

中医薬材料の栽培が地域の代名詞に 黒竜江省勃利県

黒竜江省勃利県で栽培されているユリ。(7月15日撮影、七台河=新華社配信/李学峰)

 【新華社七台河8月13日】中国黒竜江省七台河市勃利県は、地域の実情に応じた措置を講じ、寒冷地で育つ中医薬材料を同県の特色ある代名詞と位置付け、その栽培を積極的に推進している。栽培構造の調整とともに、関連産業チェーンを拡大し、薬材種苗の育種や栽培、加工、販売、中医薬をテーマにした観光など多層的な産業マトリックスを形成した。今年、同県の中医薬材料栽培面積は前年比約6万ムー(約4千ヘクタール)増の12万ムー(約8千ヘクタール)となった。(記者/劉赫垚、侯鳴)

中医薬材料の栽培が地域の代名詞に 黒竜江省勃利県

黒竜江省勃利県で栽培されている藁本(コウホン)。(7月15日撮影、七台河=新華社配信/李学峰)

中医薬材料の栽培が地域の代名詞に 黒竜江省勃利県

黒竜江省勃利県の中医薬草展示園。(7月15日撮影、七台河=新華社配信/李学峰)

中医薬材料の栽培が地域の代名詞に 黒竜江省勃利県

黒竜江省勃利県の中医薬草展示園で働く農家。(7月15日撮影、七台河=新華社配信/李学峰)

中医薬材料の栽培が地域の代名詞に 黒竜江省勃利県

黒竜江省勃利県で栽培されている黄芩(オウゴン)。(7月15日撮影、七台河=新華社配信/李学峰)

中医薬材料の栽培が地域の代名詞に 黒竜江省勃利県

黒竜江省勃利県で栽培されている黄芩(オウゴン)。(7月15日撮影、七台河=新華社配信/李学峰)

中医薬材料の栽培が地域の代名詞に 黒竜江省勃利県