西野七瀬、「アンサング・シンデレラ」スピンオフで主演。「くるみの成長と一緒に、私自身も成長していけたら」

©株式会社東京ニュース通信社

西野七瀬が主演を務める「アンサング・シンデレラ ANOTHER STORY ~新人薬剤師 相原くるみ~」が、8月27日(午後10:54)から、FODで独占配信スタートする。

同作は、石原さとみ主演で現在放送中のフジテレビ系連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(木曜午後10:00)のスピンオフドラマ。萬津総合病院薬剤部で働く新人の病院薬剤師・相原くるみ(西野)のほか、本編のレギュラーメンバーであり、同じ薬剤部の刈谷奈緒子(桜井ユキ)、羽倉龍之介(井之脇海)、工藤虹子(金澤美穂)も登場する予定。また、今作のメーンキャラクターであり、入院中の高校生・織原未輝斗を一ノ瀬颯、同じく入院中の女子高生・長谷川愛里を出口夏希が演じる。

ドラマは入院中の高校生男女との交流を通じて、くるみが薬剤師として成長していくさまを描く。西野は「くるみは自分の中でも少しずつ成長していっているつもりだけど、まだまだうまくいかないことも出てきたり、新たな壁にぶつかったりして、今作ではそれをまた一歩乗り越えていくような姿が描かれています。くるみの成長と一緒に、私自身も成長していけたらいいなぁ」と期待を寄せる。

急性骨髄性白血病で入院中の高校生で、萬津総合病院で治療を続けながらドナーが現れるのを待っている未輝斗を演じる一ノ瀬は「オーディションの時から、この役を演じてみたい!と切に願っていたので、今回、織原未輝斗という役をいただけて大変光栄です。“誰かのために”生きることの意味を強く考えさせられるストーリーは、見てくださる皆さんの感情を揺さぶること間違いないと思います! ぜひご期待ください!」と力を込めてアピール。

バッドキアリ症候群で入院中の高校生で、輝斗と同じくドナー待ちであり、同じ境遇の未輝斗と心を通わせていく愛里を演じる出口も「この作品を通して、誰かを思う優しさって実は見えないところにもたくさん隠れているのだと私自身も気付くことができました。それぞれのキャストの方々が、誰かのために向ける優しさや頑張っている姿を見ていただけたらうれしいです!」と意気込んでいる。