人気声優による2人組音楽ユニット・UMake「勝った方が“俺こっち!”」、歌い分けを決める意外な方法?

©株式会社ニッポン放送

8月6日(木)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月-木24時~)に、音楽ユニット・UMakeのメンバーで声優の伊東健人と中島ヨシキが出演し、2人の驚くべき歌い分けについて明かした。

『ヒプノシスマイク』観音坂独歩役、『ヲタクに恋は難しい』二藤宏嵩役などで人気の伊東健人と、『アイドルマスター SideM』山下次郎役や『あんさんぶるスターズ!』南雲鉄虎役などで人気の中島ヨシキによる声優2人組ユニット・UMakeだが、2人で歌う楽曲について、ある方法で歌い分けを決めているという。

吉田尚記アナウンサー:2人の歌い分けってどうしてるんですか?

伊東:ジャンケン……

吉田:えっ!?(笑)

伊東:なんとなくパートを赤と青で分けて、AメロとBメロは違う人が歌おうか、とか。バッと決めたあとに、「さあどっちがどっちを歌おうか! 最初はグー!」ですね。で、勝った方が「俺こっち!」って好きな方を選ぶ感じです

中島:レコーディング当日にだいたいそれが決まりますね

吉田:ライブ感がありますね(笑)

伊東:世の中のアーティストさんはそうしてるんじゃないんですか?

中島:違うと思います!(笑)

意外にもジャンケンで、歌い分けを決めていることが明らかになったUMake。またその後、そもそもなぜUMakeを結成したかという話題になり、「2人でユニットをやろうって言って始まったわけではなくて、周りの悪い大人に無茶ぶりされた結果だった」と、結成当時のことを振り返った。