大阪☆春夏秋冬[ライブレポート]大トリとして“思い切りぶちかました”圧巻アクト<GIG TAKAHASHI tour 2020 ツアーファイナル>

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

大阪☆春夏秋冬[ライブレポート]大トリとして“思い切りぶちかました”圧巻アクト<GIG TAKAHASHI tour 2020 ツアーファイナル>

<GIG TAKAHASHI tour 2020 ツアーファイナル>配信ライブが、2020年8月6日(木)に開催された。去年に続き、今年も行なわれた<GIG TAKAHASHI tour 2020>であったが、新型コロナウイルス感染拡大によって仙台公演、東京公演が中止となり、今回、無観客生配信という形でツアーファイナル公演を実施。大阪☆春夏秋冬、あゆみくりかまき、まなみのりさ、Task have Fun、九州女子翼、predia、PINK CRES.、アメフラっシ、はっちゃけ隊、CROWN POP、B.O.L.T、アップアップガールズ(仮)、AKAGIDAN、そしてオープニングアクトとしてAwww!が出演。また各所のツアーを盛り上げたMCのモリモリ(モリナオフミ/森詩織)も登場し、5時間を超える対バン配信ライブとなった。出演したグループのほとんどが主催のH.I.P.高橋文彦氏と深い関わりがあるため、和やかな雰囲気がありながらも、それぞれが自分たちの持ち味を存分に活かしたライブをくり広げたこの日のイベント。本記事では、そんな<GIG TAKAHASHI tour 2020 ツアーファイナル>配信ライブから大トリを飾った大阪☆春夏秋冬のライブレポートをお届けする。

【画像はこちら】

取材&文:竹内伸一

この日の、そして紆余曲折あった今回のツアーの大トリを飾るのは大阪☆春夏秋冬。「BABYCRAZY」のイントロに乗せて、メンバーが勢いよく登場すると、“盛り上がっていきましょう!”とボーカルのMAINAが軽く挨拶し、歌い始めた。そこにMANA、EON、YUNAがコーラスで、ANNA、RUNAは切れ味鋭いダンスで、アップテンポのこの曲に激しさと熱さを加えていく。これまたアップテンポなロックナンバー「BRAVE SOUL」では、6人のパフォーマンスはさらに激しさとスピード感を増幅。疾風怒濤の展開は、まるで嵐のようだった。

MCをはさんで、レゲエテイスト溢れる「SUNSHINE LOVE」でペースチェンジ。最後は歌詞を“TAKAHASHI LOVE”と変えて歌い、主催の高橋氏に敬意を表すると、高速のスカコア「mellow mellow」へとなだれ込み、再び疾風怒涛モードに。6人は、カメラに飛び掛かりそうな勢いでステージ上を駆け回ると、“あなたに届くように歌います”と、ラストの「その手」へつないだ。

大阪☆春夏秋冬<H.I.P. presents GIG TAKAHASHI tour 2020 〜ツアーファイナル 配信ライブ〜>(2020年8月6日)
大阪☆春夏秋冬<H.I.P. presents GIG TAKAHASHI tour 2020 〜ツアーファイナル 配信ライブ〜>(2020年8月6日)
大阪☆春夏秋冬<H.I.P. presents GIG TAKAHASHI tour 2020 〜ツアーファイナル 配信ライブ〜>(2020年8月6日)

歌声はさらに力強さを、ダンスはますます激しさを増していく。途中、“生きていこうぜ!”と絶叫もあり、熱い思いもひしひしと伝わってきたパフォーマンスは圧巻の迫力だった。MCでEONから“思い切りぶちかましたい”という言葉が飛び出していたが、まさにその言葉どおりにぶちかました、大トリに相応しいライブだったと思う。

大阪☆春夏秋冬<H.I.P. presents GIG TAKAHASHI tour 2020 〜ツアーファイナル 配信ライブ〜>(2020年8月6日)
大阪☆春夏秋冬<H.I.P. presents GIG TAKAHASHI tour 2020 〜ツアーファイナル 配信ライブ〜>(2020年8月6日)
大阪☆春夏秋冬<H.I.P. presents GIG TAKAHASHI tour 2020 〜ツアーファイナル 配信ライブ〜>(2020年8月6日)

大阪☆春夏秋冬<H.I.P. presents GIG TAKAHASHI tour 2020 〜ツアーファイナル 配信ライブ〜>