吉本若手ナンバーワンお洒落芸人は誰だ!?あのマスクはなんと5000円!? 【∞の青春 vol.24】

©吉本興業株式会社

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

梅雨が明け、急激にお天道様が大笑いしております。ようやく夏がはじまった、というところでしょうか。最近は毎日キンキンの炭酸水、そして時間があれば松屋の「ごろごろチキンのバターチキンカレー」を食べています。あれは本当に凄い。
あのコスパであの美味さ、大革命だと思います。
ついつい、美味すぎていっちゃってしまいます。まじゴロチキ。

さあ24回目。今回のテーマは、

「無限大ファッションチェック!SUMMER SUMMER SUMMER!後編!!!」

皆さんお待たせしました。大好評企画!僕の独断と偏見で決める、勝手に無限大芸人ファッションチェック、夏の陣。
前回、様々なファッションパッションをぶつけてくれた芸人の皆さん。
今回は一体どんなパッションが溢れだすのか。感動の後編でございます!

さあ、早速いきましょう!

エントリーNo.8 ラフレクラン・きょん

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

吉本無限大の天然元気印ラフレクラン・きょん。AB型の左利き、絵も描くのも上手い芸術肌の着こなすファッションはいつも独自の世界観があります。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

ポイントは靴下のAB型に合わせたエビ。自分の血液と服を合わせるという発想は、眼から鱗です。
しかし僕と同じ1987年生まれなので、1992年は完全にサバを読んでいます。
エビよりサバ。結果、鱗だらけです。

エントリーNo.9 そいつどいつ・市川刺身

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

刺身も負けず劣らずの世界観。基本はいつも浅草で買っているという半纏シャツスタイル。
しかし今回はそこに、チャイナを取り入れ、赤ハンチングに青ジャージで彩りを。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

オレンジの靴下に、今流行のオシャレ便所サンダル。ポイントはランニングのロゴ。
いやサンダルやないかい! それで走れんのかい! いや足速いんかい! 刺身なだけに! ヒィーヤ!!

思わずBKBさんのフィニッシュだけ出てしまいました。流石です。

エントリーNo.10 しゃかりき・おっくん

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

Instagram、YouTubeで大人気大バズりのしゃかりき・光ママの息子ヒロちゃんでお馴染み、おっくん。ゆるふわパーマは天然パーマですが、性格も天然の底抜けに明るいおっくん。少年のイメージですが、今回は無骨なカーキの開襟シャツに下は黒で大人の男の印象。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

あの可愛かった少年が、大人への階段を駆け足で上っています。
無限大でベスト3に入っていいぐらい死ぬほど人気出ていいビジュアルなのに、なんで人気ないんだろう。

エントリーNo.11 ニューヨーク嶋佐

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

渋谷のカリスマから、黒のカリスマへ。
ニューヨークの嶋佐さん。全身、黒に固め、プロレス愛ど真ん中の黒Tシャツ。そして何よりこの自粛期間での髭をたくわえてからの、色気ハンパやない。
これちょっと、吉本の長瀬智也ですよね? これはちょっと芸事に支障をきたす色気。
全身の黒の中に光る、色気という差し色。
これちょっと言わせてください。

ファッションは宇宙。

エントリーNo.12 そいつどいつ・松本竹馬

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

シンプルイズシンプル。名前が竹馬だとは思えないほどのシンプルコーデ。
白シャツに黒パンツ。夏だけじゃなく、一生このファッションな松本。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

羽織ってたお洒落なベージュ色のシャツを脱いで、これで写真お願いしますという自信満々の松本。
絶対羽織ってたほうがいいのに。
これも言わせてください。

ファッションは自信。

エントリーNo.13 ネルソンズ・和田まんじゅう

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

カメラを向けると、もう、やめてくれよ〜と言う和田まんじゅうさん。

もう完全に「休日のパパ」。

黒でまとめる中、今日の劇場でポロシャツを着ているのは和田さんだけ。
ポロシャツてなんで「パパ感」出るんですかね?

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

雨も降ってない中、手元にはビニール傘。
降り注ぐ困難の雨から家族を守る、そういう強い意志を感じます。

無限大のビッグダディ。

エントリーNo.14 囲碁将棋・文田

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

こんなにかっこいい知性と色気のある大人になりたい。そう思わせてくれるのはいつだって囲碁将棋の文田さんです。
家族を持ち、お父さんになってからの文田さんの醸し出すオーラ、ヤバくないですか?

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

スーツ姿も最高にかっこいいですが、サラッと青シャツを着こなすこの私服のラフなスタイルも“とんでもかっこよ”です。
そして、娘ちゃんとのブログがとにかく微笑ましくて愛おしくて面白いです。

愛さえもさらっと着こなす、これが本物のオシャレかもしれません。

エントリーNo.15 マチルダ・グチヤマ

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

本物が出てきました。
まじかよ、声が出ますよねこれは。
グチヤマさんは無限大が誇るファッショニスタで、僕もシャツスタイルは真似させてもらってますが、とうとうこのフェーズに突入していました。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

もう、マスクにしか目がいきません。
5000円の黒マスク。
幽遊白書の鴉かと思いました。
でも全身トータルコーディネートでこの黒マスクがめちゃくちゃかっこよくて、アリに成立させてしまうのが凄すぎる。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

普通の人だったら爆裂ツッコミで即死ですが、ツッコむ方がダサいという空気を纏っています。

エントリーNo.16 スパイク・小川

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

来ました。
吉本坂のセンターであり、無限大のファッション坂のセンター、小川さん。
もうこのレベルは僕が口だせるレベルじゃないので、ポイントを聞きました。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

僕はこの可愛い夏感を思わせるチャイナシューズ、そして腕のバングルかと思いましたが、小川さんに聞くと、

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

ポイントはこの「オーバーオールの紐の輪」耳を疑いました。このレベルまでいくと、紐の輪。輪の大きさでお洒落を調整する。

完全に小川さんも次のフェーズの方でした。天晴れです。

エントリーNo.17 スパイク・松浦

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

プロが出てきました。ファッションのプロ、スパイク松浦さん。

僕はもう松浦さんと会う度に今日はどんなファッションなんだろうと胸が躍り、ディスコに繰り出してしまいます。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

止めないでDJ。鳴らし続けてよ。

そう思ってしまいます。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

首元のチャームに、夏を感じる色サングラス、足元にはまるで裸足のようよと言う、透明なお洒落パンプス。
Tシャツには若かりし頃の、黒柳徹子さん。無限大の誇るトットちゃん。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

そして次の日もファッシャニスタ。サテンの爽やかなミントカラーのパンツに、足元は艶やかなチャイナシューズ。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

首元はもう、なんですかこれは。とうとう漢字を首に巻いています。そしてTシャツはKinKi Kids、いや台湾kids。もう次に松浦さんに会えるのをワクワクしております。

さあ、怒涛の後半戦。今回の無限大ファッションチェックSUMMERを制したのは……

スパイク松浦さんです!!!!!!

首元に漢字を巻かれたら、もう誰もかないません。毎日会えることを楽しみにしてしまうほどのお洒落、これはもう優勝でしょう。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

それにしてもずっとキュンポーズしてたな。愛の伝道師、今、愛を伝えるアイドル。スパイク松浦さんこと、吉本坂のまつりちゃん。完全優勝。おめでとうございます!!!!

では皆さん次回のファッションチェックでお会いしましょう!!!!

今回のオマケ。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

私服でマッドマックスを着るジェラードン・西本さんです。