真っ白なキャンバス[ライブレポート]ノンストップで巻き起こした白キャン旋風「一緒に素敵な夏の思い出を作りましょう」<六本木アイドルフェスティバル2020>

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

真っ白なキャンバス[ライブレポート]ノンストップで巻き起こした白キャン旋風「一緒に素敵な夏の思い出を作りましょう」<六本木アイドルフェスティバル2020>

テレビ朝日が送る<六本木アイドルフェスティバル2020>が、2020年8月9日(日)、8月10日(月)に開催された。今年は、会場を例年の六本木ヒルズアリーナではなく、東京・EX THEATER ROPPONGIに変更。政府・自治体の新型コロナウイルス感染防止ガイドラインに沿って、万全の対策を取りつつ、ライブ配信も合わせて実施した。今年の夏を彩る選りすぐりのアイドルたちが集結し、それぞれが個性豊かなライブをくり広げた<六本木アイドルフェスティバル2020>から、本記事では8月10日(月)のステージに立った真っ白なキャンバスのライブレポートをお届けしよう。

【画像はこちら】

取材・文:向井美帆

この日、秦はるかを除く5名での出演となった真っ白なキャンバス。MCを挟まずノンストップで5曲を披露した。

爽やかなサマーチューン「いま踏み出せ夏」からライブをスタートさせ、ダンサブルなナンバー「HAPPY HAPPY TOMORROW」では軽快なステップを踏みながら、左右に手を振るダンスで魅せる。間奏では小野寺梓が“こんにちは! 真っ白なキャンバスです。2階席のみなさんも見えますよ! 一緒に楽しんでいきましょう!”と挨拶すると、客席も全力の笑顔で応えていた。

ダイナミックな振り付けが特徴的なロックナンバー「Whatever,happens,happens,」や、マイクリレーで魅せる「PART-TIME-DREAMER」では、雰囲気が一転。三浦菜々子が、“みんなで一緒に素敵な夏の思い出を作りましょう!”とシャウトすると、溜め込んでいた熱を放出するかのごとく、フロアのボルテージは上昇していく。また、それに呼応するように、所狭しとステージを駆け回る5人の姿が印象的だった。

小野寺の言葉どおり、2階席の後ろまで熱を届け切るようなステージングを見せてくれた真っ白なキャンバス。ラストは、今よりさらに上を目指していくメッセージが込められた「全身全霊」でステージを締めくくった。

真っ白なキャンバス<六本木アイドルフェスティバル2020 vol.2>(2020年8月10日/EX THEATER ROPPONGI)
真っ白なキャンバス<六本木アイドルフェスティバル2020 vol.2>(2020年8月10日/EX THEATER ROPPONGI)
真っ白なキャンバス<六本木アイドルフェスティバル2020 vol.2>(2020年8月10日/EX THEATER ROPPONGI)

真っ白なキャンバス<六本木アイドルフェスティバル2020 vol.2>

<六本木アイドルフェスティバル2020>アーカイブ配信中!

『テレ朝動画』にて8月17日(月)までアーカイブを配信中。