LiSAが2作同時リリースを発表!アルバム、シングル、それぞれに込めた思いとは…?

©株式会社フジテレビジョン

テレビアニメ『鬼滅の刃』オープニングテーマ「紅蓮華(ぐれんげ)」がロングヒットを記録しているLiSAが、3年ぶりとなるニューアルバム「LEO-NiNE(レオナイン)」と、ニューシングル「炎(ほむら)」を、10月14日(水)に2作同時発売することを発表した。

発売から1年以上経った今でもなお、その勢いを落とさず愛され続けており、Billboard JAPANによるストリーミングチャートでは、配信ダウンロード数ミリオンを達成している「紅蓮華」。

アルバム「LEO-NiNE」にはそんな「紅蓮華」のほか、2018年末に発表した両A面トラック「赤い罠(who loves it?)」/ ADAMAS」、そして現在東海テレビ・フジテレビ系全国ネットにて放送中のドラマ『13(サーティーン)』の主題歌である「愛錠(あいじょう)」などを含む全13曲が収録される。

ニューシングル「炎」は、10月16日(金)公開予定の「劇場版『鬼滅の刃』夢幻列車編」の主題歌として注目を集めている。

©︎吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

今回の発表に際して、LiSA本人からコメントが寄せられた。アルバムタイトル「LEO-NiNE」の由来や、シングル「炎」に込めた思い、さらに「紅蓮華」リリース以降の反響などは、ぜひ動画でチェックを!