ピーター・ディンクレージ主演の舞台『シラノ』がジョー・ライト監督で映画化へ

©株式会社近代映画社

「スリー・ビルボード」、TV「ゲーム・オブ・スローンズ」のピーター・ディンクレージが主演したミュージカル舞台「シラノ」Cyrano が映画化される。製作はMGM他。

舞台は、フランスの古典名作戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」に基づくもの。学問にも剣術にも秀でたシラノは醜い要望のため、密かに恋する従姉妹ロクサーヌに告白できず、美青年の友人に頼まれて彼のふりをしてロクサーヌに恋文を書くことになる。
 ロクサーヌ役は舞台と同じ「マグニフィセント・セブン」のヘーリー・ベネット。ほかに「ビール・ストリートの恋人たち」のブライアン・タイリー・ヘンリー、「フッド・ザ・ビギニング」のベン・メンデルソーンが共演。監督は「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」のジョー・ライト。舞台版の脚本家は、ピーターの妻で舞台監督・脚本家・女優のエリカ・シュミットが手掛けている。