ハイビスカス、ウミガメ… 岸壁にコケアート 南国指宿をPR 地域おこし協力隊・元吉さん制作

©株式会社南日本新聞社

岸壁のコケや汚れを取り除いて作られたアート作品=指宿市湯の浜5丁目

 指宿市湯の浜5丁目の岸壁に、高さ3.5メートル、幅16メートルの「コケアート」が出現した。ハイビスカスとウミガメを描いた南国らしいデザインで、新たな撮影スポットとして期待されている。

 同市地域おこし協力隊員の瀬戸口晴彦さん(47)と元吉遼平さん(27)が企画。市などが実施する岸壁清掃で一部だけコケや汚れを残し、アーティストとして活動する元吉さんが高圧洗浄機で3日間かけ仕上げた。地元に残る竜宮伝説の浦島太郎とウミガメを描き、左右に市花のハイビスカスをあしらった。

 元吉さんは「一度削れば戻せないので、浦島太郎の表情を出すのが大変だった。新型コロナウイルスでいつもと違う夏だが、アートが思い出の一つになってくれれば」と話した。

元吉 遼平さん