黒い雨、被爆者カルテ「分析を」

政府内に浮上、区域拡大も視野

©一般社団法人共同通信社

 広島市への原爆投下直後に降った「黒い雨」を巡る援護対象区域拡大を視野に入れた検証で、被爆者らのカルテなどの分析を行うべきだとの意見が政府内で浮上していることが13日分かった。関係者によると、黒い雨について、カルテの症例と降雨域の推定を活用した詳細な分析はこれまで行われていないという。

 政府は12日、援護対象区域外の原告を被爆者と認定した広島地裁の判決に控訴。一方、区域自体の拡大を視野に入れた検証を表明した。高齢化する原告らから「先延ばし」との批判が出ている。

 厚労省の担当部署は「現時点で検証対象は未定」としている。