Instagram「リール」の使いかた

©株式会社マイナビ

Instagramに新機能「リール(Reels)」が登場しました。最大15秒の短い動画を作成、または閲覧できる機能で、ミュージックスタンプの楽曲や、ストーリーズのARカメラエフェクトを使えます。“TikTokに似ている”との声もありますね。

短い動画の投稿といえば「ストーリーズ」がありますが、ストーリーズは日常の瞬間を切り取ってシェアするのに対し、リールは編集機能を駆使して作り込んだ動画をシェアするときに使います。またストーリーズは24時間で自動消去することが基本ですが、リールはプロフィールのリールタブやフィードに保存されます。

リールは、同じ音や同じカメラエフェクトを使っているリールを見たり、その音やカメラエフェクトでリールを作成したりできます。フォロー、フォロワー以外のユーザーとも交流が広がりそうですね。

リールを閲覧する

リールを見たいときは、発見タブのリール専用スペースで、リールをタップ。上にフリックすると、次の動画が表示されます。

また、投稿者の「リール」タブでも見られます。投稿者がフィード、またはストーリーズにシェアする場合もあります。Instagramがピックアップしたリールには「注目」マークが付いていますよ。

リールを作成する

リールの作成は、ストーリーズの投稿画面から行います。リールは、1本のクリップ、または複数のクリップを組み合わせて作成します。カメラで撮影、もしくはスマホに保存している動画を使用します。

リールに使える楽曲は、ストーリーズのミュージックスタンプと同じ。自分で作成したオリジナル音源を使うこともできます。また、ストーリーズで使えるARカメラエフェクトも使えますよ。

リールには、ストーリーズのようにハッシュタグやメンション(アカウントのタグ付け)も入れられます。作成したリールは、リール、フィード、ストーリーズに投稿できます。非公開アカウントの場合は、自分のフォロワーにのみ公開。曲やカメラエフェクトの検索結果にも、同じ公開範囲が適用されます。

著者 : 鈴木朋子

すずきともこ