松任谷由実「彼が一言言うだけで、その歌詞が全部ボツになっちゃうんです」レコーディング時の松任谷正隆のストイックさに言及

©ジグノシステムジャパン株式会社

リスナーの記憶に残る過去の名番組を紐解きながら、これまでに築いてきた音楽文化の足跡をたどる特別番組メモリアルシリーズ Vol.1「TOKYO FM開局50周年『アイ・ラブ・ユー~僕はきみのラジオ~』」。7月24日(金)の放送では、稀代のアレンジャー・松任谷正隆さんの音楽キャリアに迫りました。

アイ・ラブ・ユー~僕はきみのラジオ~

松任谷正隆さんは音楽プロデューサー・アレンジャー・作曲家として、音楽業界に多大な影響を与え続けている存在です。今回の放送では、カルチャーコンシェルジュの田家秀樹さんと共に、松任谷さんのインタビューや貴重な音源を蔵出ししながら、音楽キャリアや当時の音楽事情を振り返ります。

松任谷さんの音楽ヒストリーがスタートしたのは、大学2年生の頃。音楽家・加藤和彦さんからの仕事の依頼がキッカケでした。松任谷さんはインタビューで「東芝ICステレオ『ボストン』のCMソングのバックミュージックを作りました。加藤さんが作った歌と曲をバックに、ピアノを演奏しましたね。(ギャラは)1万2,000円もらいました。どんな曲だったか、今でも覚えています」と語っています。

東芝ICステレオの仕事から1週間後、加藤さんから再び声がかかり、松任谷さんは吉田拓郎さんの録音に参加します。「テイチクエンタテインメントのスタジオに呼ばれて、初めてアーティストのレコーディングをしたのが吉田拓郎さんでした。なぜか当時は、“拓郎”と呼び捨てにしていましたね(笑)。作業分担というものがなかったので、みんなで好きなことをやっていました」と松任谷さん。吉田さんの名曲「結婚しようよ」「どうしてこんなに悲しいんだろう」は、このときに生まれたと語りました。

松任谷さんは吉田さんとのレコーディングを重ねていき、その縁がキッカケとなってユイ音楽工房(現:ユイミュージック)からオファーが舞い込みます。仕事の内容は、イルカさんの大ヒット曲である『なごり雪』のアレンジでした。一生懸命に取り組んだ仕事でしたが、待っていたのは厳しい現実だったそう。「レコーディングが終わったあと、イルカがテレビに出ているのを観たんです。だけど、使われていたのは僕のアレンジではありませんでした。あのときはショックを受けましたね。あとになって、僕のバージョンのサウンドも気に入ってくれていたと知ることができたので、それは嬉しかったですけどね」と、松任谷さんは当時の心境を明かしました。

現在、松任谷さんは毎週金曜日放送のTOKYO FMの番組「松任谷正隆の…ちょっと変なこと聞いてもいいですか?」に出演中。そんな松任谷さんが初めてFM放送でレギュラー番組を担当したのは、1985年から5年に渡って放送されたFM東京(TOKYO FM改名前)の「サウンドテイクオフ」でした。TOKYO FMは、同番組でユーミン(松任谷由実さん)がゲスト出演した回を発掘。番組アシタントを務める刀根麻理子さんを交えたトークをオンエアしました。

内容は、ユーミンの作詞に対する松任谷さんの批評が厳しいといったもの。レコーディング風景を見た代理店の関係者は、2人の関係性に大変驚いたそうです。「彼が一言言うだけで、その歌詞が全部ボツになっちゃうんです。松任谷由実が人の意見を聞いて詞を直すことは、イメージ的に考えられないそうですよ」と、ユーミンは松任谷さんの仕事に対するストイックさを説明します。

松任谷さんは、書き上げたユーミンの詞を批評するスタイルを取っているとのこと。「(彼は)ゼロから作るって人じゃないんですよ。人が書いたものに対してはいくらでも言える人です」とユーミンはコメントし、スタジオの笑いを誘いました。一方で、ユーミンは松任谷さんの文章力を高く評価しており「私の50倍ぐらい文才がありますよ。音楽をやっていなかったら、すごいエッセイストになっていたんじゃないかな」と語ります。そのあとも音楽対談は進み、松任谷さんとユーミンは歌詞における“設定”の重要性についてトークを展開しました。

そして、TOKYO FMが開催したライブイベント「EARTH×HEART LIVE 2015」では、松任谷さんはライブのプロデュースを務めました。出演者はJUJUさん、秦基博さん、ユーミンの3名。ライブの盛り上がりが頂点に達するタイミングで、松任谷さんは3人がそれぞれ同時に違う曲を歌う「マッシュアップ」の音楽技法を演出。JUJUさんの「PRESENT」、秦さんの「鱗(うろこ)」、ユーミンの「春よ、来い」の名曲たちを1つに集約し、新たな音楽表現の境地に到達させました。

インタビューで松任谷さんは「EARTH×HEART LIVE 2015」について「想像よりもずっといいものができて、気に入っています。今思い返しても、すごくいいコンサートでしたね」と、コメントを残しています。当時のコンサートを鑑賞していた田家さんは「違う曲を一緒に歌って、ちゃんとエンディングに繋げているので、音楽的な構成力がすごいなと思いました。松任谷さんだからこそできることだと思います」と、松任谷さんの音楽プロデュース力を称賛していました。

<番組概要>
番組名:TOKYO FM開局50周年『アイ・ラブ・ユー~僕はきみのラジオ~』
総合司会:住吉美紀、坂上みき
50年クロニクル案内人:大橋俊夫
カルチャーコンシェルジュ:泉麻人、田家秀樹
ミュージックアドバイザー:松任谷正隆(録音パート)
ゲスト:渡辺美里
放送日時:7月24日(金・祝) 12:00~16:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/blog/info/index.php?itemid=168027