旧兵器工場の建物を保存へ、愛知

名城大学で今も使われ、来年改修

©一般社団法人共同通信社

名古屋陸軍造兵廠鷹来製造所の旧司令棟=愛知県春日井市(「春日井の戦争を記録する会」提供)

 太平洋戦争中、陸軍の弾丸などを造っていた「名古屋陸軍造兵廠鷹来製造所(鷹来工廠)」の旧司令棟が、愛知県春日井市の名城大のキャンパスで今も使われている。大学は2021年に建物の外観を残しつつ内部を改修し、教育・研究の場として再整備する予定だ。

 鷹来工廠の市民向け勉強会を開いてきた名城大の大学院OBで「ふるさと春日井学」研究フォーラムの河地清会長(77)は「広く市民にも知ってもらいたい」と話す。終戦前日の1945年8月14日、米軍の特殊部隊が原爆の投下実験のために造った「模擬原爆」が落とされ、工場に大きな被害が出たが司令棟は無事だった。