「ぬいぐるみ感」増してます レッサーパンダ赤ちゃん2匹 那須

©株式会社下野新聞社

7月に誕生したレッサーパンダの赤ちゃん2匹(提供写真)

 那須町大島の那須どうぶつ王国は13日、レッサーパンダの雄の赤ちゃん2匹が7月18日に誕生したと発表した。

 両親は、同園で生まれた雄の与一(よいち)と2016年に旭山動物園(北海道)から来た雌の栄栄(ロンロン)。現在は栄栄が巣箱で育て、赤ちゃんの体長は約20センチ、体重は約585グラム、659グラムまで成長した。

 一般公開は今秋を予定。飼育員の二川原美帆(にがわらみほ)さん(24)は「日々縫いぐるみ感が増していてかわいい。親子や兄弟で遊ぶ姿を観に来てほしい」と話す。