和歌山のパンダ「彩浜」2歳に

誕生祝い、氷でヒマワリ

©一般社団法人共同通信社

ヒマワリの形をした氷で遊ぶジャイアントパンダの彩浜=14日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で14日、雌のジャイアントパンダ「彩浜」が2歳になり、誕生会が開かれた。飼育スタッフらが屋外運動場に人工雪を敷き、ヒマワリや年齢を示す数字「2」の形にした氷をプレゼントした。

 人工雪には彩浜の名前にちなんだ5色のアーチが描かれ、彩浜はその上に載った氷の特大ヒマワリをいじるなどして遊んだ。生まれた時の体重は75グラムで、母乳を自力で飲むのも難しかったが、現在は約68キロまで成長。飼育スタッフの中谷有伽さん(25)は「元気に走り回っている姿を見ると感慨深い」と喜んだ。