住宅ローンを手厚く拡充!auじぶん銀行の保障内容を紹介

©エンタメプレックス

auじぶん銀行株式会社(以下 auじぶん銀行)は、8月3日からauじぶん銀行の住宅ローンに付帯する団体信用生命保険(以下、団信)の保障内容を拡充。

団信の保障内容には、「がん」と診断されただけで住宅ローン残高が半分になるなどの「がん診断保障」や、すべてのけが・病気で入院が180日以上継続した場合、住宅ローン残高が0円になる「全疾病保障」があるが、住宅ローンを利用している顧客からの「入院などで働けない期間の住宅ローン返済が心配」「さらに幅広いけがや病気に対応してほしい」といった声に応え、上乗せ金利のない「がん50%保障団信」、借入金利に年0.2%上乗せで手厚い保障の「がん100%保障団信」に、入院期間ごとに毎月の住宅ローン返済額が0円になる返済保障特約を追加した。

また、借入金利に年0.3%上乗せでさらに手厚い保障の「11疾病保障団信」はがん先進医療給付特約を追加。今回の団信保障内容の拡充により、「がん50%保障団信」(上乗せ金利無し)を契約の場合、無料で付帯する団信保険の内容としては国内ネット銀行で最も手厚い内容となり、auじぶん銀行の住宅ローンを利用する人にとってはこれまで以上に安心して借り入れでき、ライフプランの設計がしやすくなるなどのメリットが見て取れる。