2019/20年フォーミュラE:第10戦でニッサン・e.ダムスのローランドが初優勝。第11戦はバンドーンが制す

©株式会社サンズ

 8月12~13日、ドイツ・ベルリンのテンペルホーフ空港で2019/20年ABBフォーミュラE選手権の第10戦、第11戦が開催され、オリバー・ローランド(ニッサン・e.ダムス)とストフェル・バンドーン(メルセデス・ベンツEQ・フォーミュラEチーム)が優勝を飾っている。

 ニッサン・e.ダムス勢は第10戦でローランドが自身初優勝を挙げ、セバスチャン・ブエミは10位、第11戦ではブエミが3位表彰台を獲得、ローランドはリタイアという結果だが、チームランキング2位という好成績でシーズンを終えている。

 第6~7戦、第8~9戦に引き続き、ドイツ・ベルリンのテンペルホーフ空港特設サーキットで開催される2019/20年のフォーミュラE。今回の第10戦、第11戦では前2連戦とは全く異なる新レイアウトのサーキットが使用される。

 そんな第8戦の予選でポールポジションを獲得したのはローランドとなり、2番手には0.049秒差でロビン・フラインス(エンビジョン・ヴァージン・レーシング)が続いた。3番手はニール・ジャニ(タグ・ホイヤー・ポルシェ)となった。

 45分間で争われる決勝レースがスタートすると、ポールシッターのローランドは好スタートを見せトップをキープ。スタートで大きな混乱はなく、上位勢は予選順位どおりに1コーナーをクリアする。後方では、予選でのトラブルから22番手スタートとなってしまった今シーズンのチャンピオン、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DSテチーター)が、オープニングラップで16番手までポジションを上げ、速さを見せつける格好となった。

2019/20年フォーミュラE選手権第10戦 レーススタートの様子

 ローランド、フラインス、ジャニのトップ3台は4番手アレックス・リン(マヒンドラ・レーシング)との差を徐々に広げにかかる。しかしリンの後方には、予選7番手からスタートしたアンドレ・ロッテラー(タグ・ホイヤー・ポルシェ)がピタリとつけている。ロッテラーは最終コーナーでリンのインに飛び込んでオーバーテイク、4番手に浮上した。

 その後ロッテラーは、18周目にチームメイトのジャニもパスして3番手にポジションアップするが、思わぬ伏兵が迫ってきていた。このベルリン戦から急遽フォーミュラEに参戦することになったレネ・ラスト(アウディスポーツ・アプト・シェフラー)だ。

 ラストはファンブーストを使用してロッテラーをかわし3番手に浮上する。しかし、ロッテラーも応戦し、その1周後にはラストを再びオーバーテイク、3番手を取り戻す。

2019/20年フォーミュラE選手権第10戦 アンドレ・ロッテラー(タグ・ホイヤー・ポルシェ)

 このふたりのバトルはファイナルラップまで続き、ポルシェ陣営はロッテラーに対してエネルギーモードの変更を指示して防戦したが、最終ラップでラストが再びロッテラーをパス、3番手に浮上した。

 そのままレースはフィニッシュを迎え、トップの座を譲らなかったローランドがポール・トゥ・ウインを決めた。ローランドにとってはフォーミュラE初優勝となり、ニッサン・e.ダムスに今シーズン初の勝利をもたらした。2位にはフラインスが続き、ロッテラーと激しい順位争いを繰り広げたラストが3位でフィニッシュし、フォーミュラE5戦目にして初の表彰台を手に入れている。

2019/20年フォーミュラE選手権第10戦 トップでフィニッシュラインを通過するオリバー・ローランド(ニッサン・e.ダムス)
2019/20年フォーミュラE選手権第10戦 初優勝を飾ったオリバー・ローランド(ニッサン・e.ダムス)
2019/20年フォーミュラE選手権第10戦 激しいバトルを繰り広げた3位ラストと4位ロッテラー
2019/20年フォーミュラE選手権第10戦 3位表彰台を獲得したレネ・ラスト(アウディスポーツ・アプト・シェフラー)

■シーズン最終戦は“ブラックアロー”の2台が速さを見せつける

 翌13日に行われた2019/20年“シーズン6”のファイナルラウンドとなる第11戦の予選では、ストフェル・バンドーン(メルセデス・ベンツEQ・フォーミュラEチーム)がポールポジションを獲得した。2番手には0.059秒という僅差でニッサンのブエミが続き、前日にフォーミュラE初表彰台を手に入れたラストが第11戦の予選でも速さを見せ、3番手タイムを記録している。

 その決勝レースのスタートでは、ポーススタートのバンドーンがトップをキープして1コーナーをクリア。バンドーンは2番手のブエミに対し、1.6秒の差をつけてオープニングラップを終了し、リードを手にして2周目に入っていく。

2019/20年フォーミュラE選手権第11戦 レーススタートの様子
2019/20年フォーミュラE選手権第11戦 ストフェル・バンドーン(メルセデス・ベンツEQ・フォーミュラEチーム)

 予選3番手からスタートしたラストだったが、1周目にニック・デ・フリース(メルセデス・ベンツEQ・フォーミュラEチーム)にかわされてしまい、4番手にポジションダウンしてしまう。デ・フリースはその後、9周目にアタックモードを使用して2番手ブエミも捉える。このデ・フリースの活躍によって、そのカラーリングから“ブラックアロー”と呼ばれるメルセデスの2台がワンツーを独占した。

 3番手に落ちてしまったブエミだったが、レース残り34分というところでアタックモードを使用してメルセデス勢にバトルを仕掛ける。一度はデ・フリースの前に出たブエミは、トップのバンドーンにも襲いかかるが、オーバーテイクするまでには至らない。

 その後もブエミは、2回目のアタックモードを使用してバンドーンとバトルを展開するが、抜きつ抜かれつの状態が続き完全にはトップに立つことができない。そしてレース残り2分、3番手を走行するデ・フリースが最終コーナーでブエミのインに飛び込みオーバーテイクに成功、2番手に浮上する。レースはそのままフィニッシュを迎え、バンドーンがトップでコントロールラインを通過し、フォーミュラE初優勝を手に入れた。

2019/20年フォーミュラE選手権第11戦 トップでフィニッシュするストフェル・バンドーン(メルセデス・ベンツEQ・フォーミュラEチーム)
2019/20年フォーミュラE選手権第11戦 フォーミュラE初優勝を飾ったストフェル・バンドーン(メルセデス・ベンツEQ・フォーミュラEチーム)

 2位にはチームメイトのデ・フリースが続き、メルセデスはチーム初優勝をワンツーフィニッシュで飾っている。ブエミは惜しくも3位となり、4位にはラストが入った。

 この第11戦をもって2019/20年のフォーミュラEは終了となり、唯一の日本メーカーとして参戦を行うニッサン・e.ダムスは、チームランキング2位という好成績でシーズンを終えた。ドライバーズランキングではブエミが4位、ローランドが5位に入り、来シーズンの活躍にも期待を持たせてくれる年となった。来季、2020/21年“シーズン7”はFIA世界選手権初年度として、2021年1月にチリで開幕する予定だ。

2019/20年フォーミュラE選手権第11戦 セバスチャン・ブエミ(ニッサン・e.ダムス)
2019/20年フォーミュラE選手権第11戦 3位表彰台のセバスチャン・ブエミ(ニッサン・e.ダムス)
2019/20年フォーミュラE選手権第11戦 アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DSテチーター)
2019/20年フォーミュラE選手権第11戦 チームチャンピオンを獲得したDSテチーター

ABBフォーミュラE選手権第10戦、第11戦順位結果

■ABBフォーミュラE選手権第10戦順位結果

Pos No. Driver Team Laps QF

1 22 O.ローランド ニッサン・e.ダムス 36 1

2 4 R.フラインス エンビジョン・ヴァージン・レーシング 36 2

3 66 R.ラスト アウディスポーツ・アプト・シェフラー 36 4

4 36 A.ロッテラー タグ・ホイヤー・ポルシェ 36 7

5 94 A.リン マヒンドラ・レーシング 36 5

6 18 N.ジャニ タグ・ホイヤー・ポルシェ 36 3

7 20 M.エバンス パナソニック・ジャガー・レーシング 36 14

8 48 E.モルタラ ベンチュリ・フォーミュラEチーム 36 10

9 5 S.バンドーン メルセデス・ベンツEQ・フォーミュラEチーム 36 18

10 23 S.ブエミ ニッサン・e.ダムス 36 NC

11 27 A.シムズ BMW i アンドレッティ・モータースポーツ 36 15

12 51 T.ブロンクビスト パナソニック・ジャガー・レーシング 36 6

13 19 F.マッサ ベンチュリ・フォーミュラEチーム 36 8

14 17 N.デ・フリース メルセデス・ベンツEQ・フォーミュラEチーム 36 19

15 6 S.セッテ・カマラ ジェオックス・ドラゴン 36 9

16 64 J.ダンブロシオ マヒンドラ・レーシング 36 17

17 7 N.ミューラー ジェオックス・ドラゴン 36 11

18 25 J-E.ベルニュ DSテチーター 36 NC

19 3 O.ターベイ NIO 333レーシング 36 12

20 2 S.バード エンビジョン・ヴァージン・レーシング 36 16

21 11 L.ディ・グラッシ アウディスポーツ・アプト・シェフラー 36 NC

NC 13 A.F.ダ・コスタ DSテチーター 35 NC

NC 33 D.アプト NIO 333レーシング 33 20

NC 28 M.ギュンター BMW i アンドレッティ・モータースポーツ 4 13

■ABBフォーミュラE選手権第11戦順位結果

Pos No. Driver Team Laps QF

1 5 S.バンドーン メルセデス・ベンツEQ・フォーミュラEチーム 36 1

2 17 N.デ・フリース メルセデス・ベンツEQ・フォーミュラEチーム 36 4

3 23 S.ブエミ ニッサン・e.ダムス 36 2

4 66 R.ラスト アウディスポーツ・アプト・シェフラー 36 3

5 2 S.バード エンビジョン・ヴァージン・レーシング 36 14

6 11 L.ディ・グラッシ アウディスポーツ・アプト・シェフラー 36 10

7 25 J-E.ベルニュ DSテチーター 36 21

8 94 A.リン マヒンドラ・レーシング 36 7

9 13 A.F.ダ・コスタ DSテチーター 36 19

10 48 E.モルタラ ベンチュリ・フォーミュラEチーム 36 6

11 20 M.エバンス パナソニック・ジャガー・レーシング 36 23

12 28 M.ギュンター BMW i アンドレッティ・モータースポーツ 36 18

13 27 A.シムズ BMW i アンドレッティ・モータースポーツ 36 15

14 36 A.ロッテラー タグ・ホイヤー・ポルシェ 36 20

15 18 N.ジャニ タグ・ホイヤー・ポルシェ 36 8

16 19 F.マッサ ベンチュリ・フォーミュラEチーム 36 11

17 51 T.ブロンクビスト パナソニック・ジャガー・レーシング 36 12

18 64 J.ダンブロシオ マヒンドラ・レーシング 36 16

19 6 S.セッテ・カマラ ジェオックス・ドラゴン 36 9

20 33 D.アプト NIO 333レーシング 36 17

21 3 O.ターベイ NIO 333レーシング 36 13

22 7 N.ミューラー ジェオックス・ドラゴン 36 22

NC 4 R.フラインス エンビジョン・ヴァージン・レーシング 33 5

NC 22 O.ローランド ニッサン・e.ダムス 25 24

2019/20年ABBフォーミュラE選手権ドライバー、チームランキング

■ドライバーズランキング

Pos No. Driver Team Point

1 13 A.F.ダ・コスタ DSテチーター 158

2 5 S.バンドーン メルセデス・ベンツEQ・フォーミュラEチーム 87

3 25 J-E.ベルニュ DSテチーター 86

4 23 S.ブエミ ニッサン・e.ダムス 84

5 22 O.ローランド ニッサン・e.ダムス 83

6 11 L.ディ・グラッシ アウディスポーツ・アプト・シェフラー 77

7 20 M.エバンス パナソニック・ジャガー・レーシング 71

8 36 A.ロッテラー タグ・ホイヤー・ポルシェ 71

9 28 M.ギュンター BMW i アンドレッティ・モータースポーツ 69

10 2 S.バード エンビジョン・ヴァージン・レーシング 63

11 17 N.デ・フリース メルセデス・ベンツEQ・フォーミュラEチーム 60

12 4 R.フラインス エンビジョン・ヴァージン・レーシング 58

13 27 A.シムズ BMW i アンドレッティ・モータースポーツ 49

14 48 E.モルタラ ベンチュリ・フォーミュラEチーム 41

15 66 R.ラスト アウディスポーツ・アプト・シェフラー 29

16 64 J.ダンブロシオ マヒンドラ・レーシング 19

17 94 A.リン マヒンドラ・レーシング 16

18 94 P.ウェーレイン マヒンドラ・レーシング 14

19 51 J.カラド パナソニック・ジャガー・レーシング 10

20 18 N.ジャニ タグ・ホイヤー・ポルシェ 8

21 33 D.アプト NIO 333レーシング 8

22 19 F.マッサ ベンチュリ・フォーミュラEチーム 3

23 6 B.ハートレー ジェオックス・ドラゴン 2

24 3 O.ターベイ NIO 333レーシング 0

25 7 N.ミューラー ジェオックス・ドラゴン 0

26 33 M.キンファ NIO 333レーシング 0

27 51 T.ブロンクビスト パナソニック・ジャガー・レーシング 0

28 6 S.セッテ・カマラ ジェオックス・ドラゴン 0

■チームランキング

Pos Team Point

1 DSテチーター 244

2 ニッサン・e.ダムス 167

3 メルセデス・ベンツEQ・フォーミュラEチーム 147

4 エンビジョン・ヴァージン・レーシング 121

5 BMW i アンドレッティ・モータースポーツ 118

6 アウディスポーツ・アプト・シェフラー 114

7 パナソニック・ジャガー・レーシング 81

8 タグ・ホイヤー・ポルシェ 79

9 マヒンドラ・レーシング 49

10 ベンチュリ・フォーミュラEチーム 44

11 ジェオックス・ドラゴン 2

12 NIO 333レーシング 0