F1技術解説第5戦編:冷却系に異常発生。マクラーレンは原因つかめず、カウル後部を広げて対応

©株式会社サンズ

 先週末シルバーストンで行われたF1第5戦70周年記念GPでは、マクラーレンのカルロス・サインツJr.とランド・ノリスは同じエンジンカウルを使用していなかった。カウル後部の開口部が、サインツJr.車の方がずっと大きかったのである。空力的には明らかに不利になるが、それに目をつぶって冷却を優先させたということなのだろうか。

「カルロス車の方に、異常が検出されたんだ」と、マクラーレンのテクニカルディレクターを務めるジェームズ・キーは言う。

「冷却系がかなり高温になってるというデータが出たのだが、理由がわからない。ラジエーターやその周辺パーツに問題はなさそうだったし、センサー異常の可能性もあった」

「一方で、ドライバーの運転の仕方が影響することもある。しかし去年の1シーズンを通じてふたりのドライビングを比較して2台のデータを採っても、温度上昇の違いはせいぜい2〜3度に過ぎなかった」

「今回は時間的制約もあったので、とりあえずカルロス側のカウルを広げることにした。空力的にはかなり大きなハンデキャップになって、非常に残念だったけどね」

2020年F1第5戦70周年記念GP ノリス車とサインツJr.車のカウル後部の開口部。サインツJr.車の方が開口部が大きくなっている