あつまれ!「どうぶつの駅長さん」そらちゃん/旧余部鉄橋・空の駅(兵庫)

©株式会社光文社

殺伐とした世の中、どうぶつのかわいい姿に癒やされたい! あなたの暮らす街の近くにもいるかもしれない「どうぶつの駅長さん」をご紹介。今回は、旧余部鉄橋の展望施設「空の駅」の、そらちゃん(メス・5歳)だ。

「空の駅」では、ケヅメリクガメの「そらちゃん」が駅長として、橋の下にある小屋で暮らしている。

「カメは長寿の象徴で縁起がいいですし、高齢者の方からは、『和む』との声がよく聞かれます。なかには、自分が飼育しているリクガメを連れてきて、ツーショット写真を撮られる方も」(道の駅あまるべ・川本博文駅長)

駅長となって2年、体重は4.4kgから約8kgに。長~く駅長を務めてほしい!

写真・道の駅あまるべ提供

(増刊FLASH DIAMOND 2020年8月20日号)