セブン側、請求棄却求める

元オーナー地位確認訴訟

©一般社団法人共同通信社

時短営業を続けていたセブン―イレブン東大阪南上小阪店(大阪府東大阪市)のフランチャイズ契約解除は無効として、元オーナー松本実敏さん(58)がセブン―イレブン・ジャパンを相手取り、オーナーとしての地位確認や取引再開などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が14日、大阪地裁(金地香枝裁判長)で開かれた。セブン本部側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。