レモン色のヒマワリ見頃、鳥取

花回廊に3000本

©一般社団法人共同通信社

鳥取県南部町の県立フラワーパーク「とっとり花回廊」で見頃となった約3千本のレモン色のヒマワリ=13日

 厳しい暑さが続く中、鳥取県南部町の県立フラワーパーク「とっとり花回廊」で、ヒマワリ約3千本が見頃となった。お盆期間中の13日には、家族連れやカップルらが一面レモン色の花畑で散策を楽しんでいた。

 直径約20センチの鮮やかな薄黄色の花を付ける「サンリッチレモン」という品種。大人が隠れるほどに成長し、約2メートル四方の花壇37面にぎっしりと並んだ。各花壇を結ぶ通路を使った企画「ひまわり迷路」を楽しむ来園者も見られた。

 ひまわり迷路は17日まで楽しめ、その後はピンクや紫色などのサルビアに植え替わる。