国分中央高校野球部 鹿児島県大会準Vを市長に報告

©株式会社南日本新聞社

県大会準優勝を報告する国分中央高校野球部=霧島市役所

 夏の甲子園予選の代替大会にあたる県夏季高校野球大会で準優勝した霧島市の国分中央高校野球部と学校関係者が6日、中重真一市長を表敬訪問した。

 地区大会を勝ち抜き、決勝トーナメントに進むと、甲子園高校野球交流試合出場の鹿児島城西を退けるなど快進撃。姶良伊佐地区の学校として初めて夏の県大会決勝に進出した。

 吉松颯太主将は「甲子園が中止になり悲しい思いをしたが、チーム全員で気持ちを一つにすることで準優勝できた」と報告。中重市長は「新型コロナウイルスで大変な状況の中、多くの市民が感動を与えてもらった」とねぎらった。