「ビデオ会議で専務が飲酒していた」 新型コロナで退職を決意した女性

©株式会社グローバルウェイ

「会社への不信感しかありませんでした」という声

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、我関せずという会社も少なくない。そうした会社で働いていれば、辞めたいと考えてしまうのは当然だろう。キャリコネニュース読者からも

「会社のお粗末な危機対応に退職を決意した」(50代男性/神奈川県/不動産・建設系)
「コロナが収束していないにも関わらず、通勤をしながらの仕事は非常に気が重い。次の仕事を探そうと思っている」(50代男性/福岡県/商社系)

といった投稿が寄せられている。奈良県の30代女性も「コロナが落ち着き次第、転職をしようと思います」という一人だ。(文:鹿賀大資)

「今まで通りの活動を頑張りましょう。怖いなら、お休みをとって下さい」

女性は、生命保険会社に営業職として勤務。会社は新型コロナ第2波の状況にも関わらず、在宅ワークに切り替えていない。女性たち従業員は営業制限がかかる中、通常出社を指示されている。

「前みたいな営業活動はできません。それでも営業成績が気になるので、どうしてもお客様との接触は多くなります。こうしたリスクを抱えながら働いていても、会社からの給与保証はありません」

女性の職場は現在、中途採用の募集をかけているが、「その人件費を私たちのお給料に回してほしいです」とこぼしている。

従業員の安全を考えない会社にしびれを切らし、上司に「コロナウイルスに感染するのが怖いので、在宅ワークに切り替えてほしい」と提案したことがある。しかし上司は

「在宅ワークへの切り替えはありません。しっかりと感染予防対策をして、今まで通りの活動を頑張りましょう。怖いなら、お休みをとって下さい」

と回答した。ちなみに会社は新型コロナ第1波の際も在宅ワークへの切り替えが遅く、各種補償による支給にも時間がかかった。それでいて「とても食べていけるだけの額でもありませんでした」という。

女性は「同業他社は在宅ワークを継続しているところも多いです」といい、「入社して2年ですが、このような会社にはついていけません」と述べている。

「2メートル離れた状態で話かけられても酒臭かったです」

流通・小売系企業で店舗勤務をする岐阜県の40代女性は「前々から専務の態度に腹が立ちます」と憤る。その店舗では表向きには休業だが、内部は稼働状況にあるという。

「専務の『働かざる者食うべからず』という意向のもと、電話営業を強要。消毒液や不織布マスクの勧誘がメインです。しかし電話先の会社は、休業中のところが多い状況です」

そうしたなか専務は「雇用保険助成金を申請したが通らない」という言い訳を盾に、引き続き電話営業を強制させた。女性は「会社への不信感しかありませんでした」と続ける。

「会社は休業手当や休業証明書も一切出しません。なので私は短期バイトをするしかないのです。それなのに専務は飲酒しながらビデオ会議に出たり、本社から80キロ近く離れた店舗に飲酒運転で来たり。この間は、2メートル離れた状態で話かけられても酒臭かったです。ほんと近寄りたくありません」

女性は「自分の提唱が正義と思い込んでいる専務にウンザリ」といい、「転職先が決まり次第、絶対に退職するつもりです」と書いている。

※キャリコネニュースでは引き続き「新型コロナで退職を決意した人」「【読者投稿】奨学金返済中の人」に関するアンケートを募集しています。