女子高生二人が青春を取り戻そうと奮闘!! 今月の編集部イチオシ映画「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」

©株式会社近代映画社

毎月公開される新作映画は、洋画に限っても平均40本以上!限られた時間の中でどれを見ようか迷ってしまうことが多いかも。そんなときはぜひこのコーナーを参考に。スクリーン編集部が“最高品質”の映画を厳選し、今見るべき一本をオススメします。今月の映画は成績優秀な女子高生二人組の怒涛の一夜の冒険を描く青春コメディー「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」です。

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー
2020年8月21日(金)公開

「リチャード・ジュエル」などで知られる女優のオリヴィア・ワイルドが映画監督デビューを果たした青春映画。優等生として学生生活を送ってきた二人の女子高生が、4年間分の青春を取り戻そうと、高校最後の一夜に大騒動を繰り広げる。全米批評家の絶賛を浴び、ハリウッド批評家協会賞で女性監督賞など5部門を受賞。「レディ・バード」のビーニー・フェルドスタインと「ショート・ターム」のケイトリン・デヴァーが共演。

監督/オリヴィア・ワイルド
出演/ケイトリン・デヴァー、ビーニー・フェルドスタイン、ジェシカ・ウィリアムズ、リサ・クドロー
© 2019 ANNAPURNA PICTURES,LLC. All Rights Reserved.

編集部レビュー

もはや青春映画に主人公も脇役もない

この間「エイス・グレード」の時、いまどきの青春映画はすごい勢いでアップデートされていく、と書いた気がするけど、またしてもそれが更新。今度は見かけはイケていないけど勉強はできる女子二人が主人公。以前のハリウッドだったら完全に脇役キャラだったけど、この二人を主人公に痛快、かつちょっと切ない、でもハッピーなワンナイトストーリーが展開。

とにかく印象的なのが、もはや青春映画に主人公も脇役もないということ。おじさん臭くまた書いてしまうけど、以前だったらコンプレックスにもなりかねない“火種”がすでに“個性”として他者に認識され、また自身のアイデンティティーとして確立されているので、誰もが“恋”以外の悩みをほぼ持っていないかのような自信に満ちている(ように見える)。大枠では「アメリカン・グラフィティ」(1973)なんだけど……

レビュワー:米崎明宏
編集長。とにかくビーニー・フェルドスタインがまるで『東大一直線』の東大通か? と見まごうパワーで必見。どんな女優になっていくのか今後に期待。

「偏見という呪い」を乗り越えていく二人の姿が感動的

主人公の女子高生二人の友情が尊くて、涙が出そうになったシーンがある。「私なんて性格ブスだし」と自分を否定する主人公に親友が平手打ちを食らわすのだ。そして言う。「今度自分を卑下したらボコボコにする」と。こんな友人がいたら最高だなあと思う。監督は本作をバディ映画として撮ったというが、何よりこの二人の魅力に惹きつけられずにいられない。

映画はこの“優等生”二人が失われた青春を取り戻そうと奮闘する爆笑の夜を描いていくのだが、真のテーマは彼女たちの成長。二人がこの一夜を通して知るのは、偏見に抵抗していた自分たち自身が、同級生を見下し否定していたという事実。一晩の騒動を通して自分と他者を理解することを学び、「偏見という呪い」を乗り越えていく二人の姿が感動を呼ぶ。愛に満ちたエンディングまで爽やかな気持ちで満たされる作品だ。

レビュワー:疋田周平
副編集長。監督は本作の参考に様々な刑事バディ映画を見たとか。「トレーニング デイ」もその一本だったそうで…高校生活も命がけ!

学校の主役じゃなくたって二人の青春は十分尊い

いわゆるギークが主役級になって久しい青春映画のジャンルですが、今回の主人公二人はナード系女子だとか。(ギークより面白くない奴という位置づけ?そもそもBooksmartとは勉強ばかりで実践に乏しい人という意味らしい)だけど学校イチのモテ男子にも臆さない主人公はかっこいいし、まわりも彼女たちをイジメる気配もないのがなんだか新しい。

高校時代に恋も遊びも遮断して勉学に勤しんできた二人が、このまま青春を終えたくないと卒業パーティーに繰り出す珍道中は笑いの連発! そのドタバタ劇は見てのお楽しみですが、最後には大人にも響く大切な気づきを教えてくれるシーンにジン…ときます。

高校時代をとうの昔に通り過ぎた身としては、毎朝「やっと会えたね、1日ぶり」って言って妙なダンスを踊る親友がいる、それだけで尊い青春なのだと言いたい…。

レビュワー:阿部知佐子
わかりやすいいじめっこがいないのも最近の青春映画の特徴かもしれません。クラスメイト(先生までも)がみな愛すべきキャラ!

監督の“ものさし”があたたかい

優等生のエイミーとモリー。真っすぐに勉学に励んできたであろう二人は「生徒会長と社会運動家」なんて同級生に揶揄されるぐらいの“超”お利口さん。そんな二人が高校生活最後にハメをはずすわけですが、その慣れなさとドタバタっぷりがとてもかわいらしい!

何より楽しめたのは、クラスメイトそれぞれ皆、個性的であるということ。パーティーにしても定番の大騒ぎだけではなく、寸劇チームあり、船上パーティチームあり、先生の参加もOK! どのあり方も肯定的に見つめていて、オリヴィア・ワイルド監督の、型にはめない“ものさし”に好感が持てました。

エイミーの同性愛者というキャラクターも違和感なく、今の時代の感覚を張り巡らせたオリヴィア・ワイルド監督のバランス良い感性が至る所に光っている、元気がもらえる一品です!

レビュワー:中久喜涼子
パリピキャラのジジを演じるビリー・ロードはキャリー・フィッシャーの娘だそう。「マジック・マイク」のライリー・キーオのように印象に残る存在でした。

知ってるはずのテーマが斬新に感じたその理由は…

不思議な作品だった。青春映画、ガールズムービーといった普遍的なテーマなのに新しさを感じたのは、これまでの青春映画は恋愛成就が最終地点だったのに対し、本作では停留所的に一応“恋愛”を通過するけれど目的地は別のところにあるから? 確かに。でもそれだけではない。

主人公の女子二人が自分たちを見下してきた面々を見返さないから? 確かにそれもある。でもたぶん一番の理由は、本来なら後半で悪役扱いされるであろうスクールカースト上位のキラキラ組やクラスで浮いてるお金持ちのアイツとか、今まではモブキャラでしかなかった彼らの内面に寄り添ってくれているから。それによって青春してるのに見たこともない映画になっているのだと思う…と薄気味悪く分析してみたけれど、一つ言えることはアメリカの学生が卒業式に被るあの帽子、やっぱり憧れるよね!

レビュワー:鈴木涼子
個人的に女子映画といえば「ゴーストワールド」と60年代のチェコ映画「ひなぎく」。どっちもダークなエンディングでそこに惹かれるんです。

月イチ恒例!今月の編集部イチオシ映画

前回はこちら

ラスト5分の感動はまさしく本物!! 今月の編集部イチオシ映画「ワイルド・ローズ」

ラスト5分の感動はまさしく本物!! 今月の編集部イチオシ映画「ワイルド・ローズ」 - SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)