渡さん死去、震災被災地に悲しみ

炊き出し支援「優しかった」

©一般社団法人共同通信社

第44回NHK紅白歌合戦で「くちなしの花」を歌う渡哲也さん=1993年12月31日、東京都渋谷区のNHKホール

 亡くなった俳優の渡哲也さんは「石原軍団」のメンバーとして、2011年3月の東日本大震災から約1カ月後、津波被害が大きかった宮城県石巻市を訪問し、炊き出しのボランティアをした。被災者は「優しい人だった」「寂しい」としのび、悲しみが広がった。

 石巻市の公民館駐車場に特設屋台を設け、カレーや焼きそば、おでんなどを精力的に振る舞った渡さん。直接、料理を手渡されたという女性(77)は「本当に残念。寂しくなるね」とつぶやいた。

 市内で中華料理店を営み、野菜切りなどの仕込みを手伝った今野美穂さん(47)は「気さくに話し掛けてくれた。本当に優しい方でした」と話した。