車ごと川に転落…不明の男性、遺体で発見 転落場所から290メートル下流、川底に沈む/さいたま

©株式会社埼玉新聞社

芝川を捜索する消防職員ら=13日午前11時すぎ、さいたま市緑区(画像を一部加工しています)

 埼玉県さいたま市緑区の芝川に車が転落した事故で、行方が分からなくなっていた越谷市七左町4丁目、アルバイト伊藤修平さん(20)が14日、遺体で見つかった。

 浦和東署によると、同日午前11時20分ごろ、車が転落した場所から約290メートル下流で、川底に沈んでいる伊藤さんを消防が発見。その場で死亡が確認された。

 伊藤さんは学生時代の友人2人と12日に芝川を訪れ、車ごと川に転落。運転していた会社員男性(20)と同乗者の会社員男性(19)は自力で脱出したが、伊藤さんは行方不明となり、警察と消防が捜索していた。

 同署で転落原因などを調べる。