「柳田史上最高に凄い」 鷹柳田の技術が凝縮された“驚愕Vアーチ”に球場どよめき

©株式会社Creative2

勝ち越し3ランを放ったソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

見逃せばボール球? 厳しい内角直球を腕をたたんで右翼中段に運ぶ勝ち越し15号3ラン

■ソフトバンク 4-1 オリックス(14日・PayPayドーム)

ソフトバンクの柳田悠岐外野手が14日、本拠地PayPayドームでのオリックス戦に「2番・中堅」でスタメン出場。同点で迎えた8回に値千金の勝ち越し15号3ランを放った。内角のボール球を捉えてスタンドまで運ぶ驚愕の一発にファンも「柳田史上最高に凄かった」と驚きの声を上げている。

完璧すぎる一発に球場が沸いた。同点で迎えた8回1死一、二塁。オリックス山崎福が2ボール2ストライクから投じた5球目。柳田は内角のボール球に腕をたたんでバットを一閃すると打球は右翼スタンド中段に飛び込む決勝3ランとなった。

驚愕の一発に「パーソル パ・リーグTV」も「柳田悠岐『超人スイング』からの鮮烈過ぎる内角打ち!」とのタイトルで動画を公開。理解しがたいアーチにファンも唖然だった。

「柳田史上最高に凄かった」

「1人だけ次元が違う」

「ほんまにスター」

「柳田を抑える方法敬遠」

「誰が止めれるんだこの男」

6、7月は打率.379、10本塁打26打点をマークし月間MVPを獲得。月にはプロ野球最多記録タイの月間32得点をマークした“超人ギータ”の勢いは止まりそうにない。

【動画】「次元が違う」とファン驚愕 鷹柳田が内角ボール球を右翼中段スタンドに運んだ決勝15号3ランの実際の映像

「次元が違う」とファン驚愕 鷹柳田が内角ボール球を右翼中段スタンドに運んだ決勝15号3ランの実際の映像【動画:パーソル パ・リーグTV】 signature

(Full-Count編集部)