<あのころ>戦争が終わった

敗戦の「玉音放送」

©一般社団法人共同通信社

1945(昭和20)年8月15日、農家の家族がこうべを垂れているのは宮城(皇居)の方向。正午にラジオで流された昭和天皇の「玉音放送」(終戦の詔勅)をそろって聞いた。ポツダム宣言を受諾し、日本が無条件降伏した。太平洋戦争がようやく終わったことを国民は初めて知らされた。