【尾藤克之のオススメ】精神科医が解説! 「父性消滅」のいまの時代をどう生きるのか!?

©株式会社ジェイ・キャスト

本書はベストセラー作家、精神科医・樺沢紫苑さんによる現代心理分析本です。「スター・ウォーズ」「ONE PIECE」から「鬼滅の刃」まで、アニメ・映画を題材にして現代社会を解き明かした作品。アニメと映画作品を、父性を軸にさまざまな角度で切り込んだ論考は、興味深いものでした。

海賊とは父性の象徴ではないか……(写真は箱根・芦ノ湖の遊覧船)

漫画「ONE PIECE」がブームになる理由

漫画「ONE PIECE」は単行本で2億冊を突破するという前人未到の記録を打ち立て、コミックのみならずテレビアニメ、劇場版アニメ、「ONE PIECE展」の開催。さらに、コンビニなどでのグッズ販売など、至るところでキャラクターを目にするようになりました。

とくに2010年頃から、異常な盛り上がりを見せているのは、どうしてなのでしょうか?著者の樺沢紫苑さんは、

と、解説します。

そう樺沢さんは話します。

本当に一人二役なのか?

「海賊とは父性の象徴ではないか」――。樺沢さんは、15年以上前からずうっと考えていたそうです。

海賊の持つ、力強さ、たくましさ、法の外で自由で振舞う自主性。「海の男」という言葉があるように、海賊が「男性的」「父性的」なものを象徴しているであろうことは、誰にも感覚的に理解できます。そして、ある瞬間からそれは確信に変わっていきます。

と、樺沢さんは言います。

そう、指摘するのです。

樺沢さんは

と、指摘します。

かつての日本には昭和という「父性」の強い時代がありました。平成、令和へと移りゆくなかで、「父性」に求められる用件は変化してきています。

ぜひ、みなさまの知的好奇心で、この本を最後まで読み込んでください(総ページ数420ページなので大変かも知れませんが)。樺沢さんの思考を追体験することで得られる貴重な学びがあるはずです。(尾藤克之)