バナナマン、がん公表の小木博明に言及「気丈に振る舞うんだよね」

©株式会社マイナビ

お笑いコンビ・バナナマンの設楽統と日村勇紀が、14日深夜に放送されたTBSラジオ『金曜JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金曜25:00~27:00)で、ステージ1の腎細胞がんを公表したお笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明について語った。

設楽が「小木さんのやつ、ビックリしたね」と切り出すと、日村も「これはね、ほんっとに驚いた」と反応。

そして設楽は「『バイキング』で水曜日におぎやはぎがやってて、『ノンストップ』とスタジオが隣同士なんですよ」と明かし、「(12日に)矢作(兼)さんとすれ違ったの。『小木さん大丈夫なの?』なんて話をしたら、『すっかり頭が痛いのないみたいで。ただ、ちょっとね…。小木がこれから来るんじゃない?』って」と振り返った。

続けて「で、(小木さんと)ちょうどすれ違ったの。『ああ、小木さん。大丈夫?』って。そしたら、『新たな、ちょっと…』みたいな。そこでチラッと聞いてさ。そのときはでも、向こうは本番前で、すれ違いざまにチョロチョロって話したから」と明かし、「だから心配だなと思ったけど、よくよく聞いたら、ステージ1で。驚いたけど、ある意味、いろいろ調べたから見つかったっていう。前向きに捉えればよかった、早めに発見できたっていうのは」と述べた。

一方の日村は「俺、知らなかったんだよね、まったく。俺、ラジオ(『おぎやはぎのメガネびいき』)で知ったんだよね。ビックリしたね、これは」と語り、「俺、今日ね、たまたま小木さんに会えたんだよね。で、あいさつしに行ったけどね。でも全然、なんか気丈に振る舞うんだよね、小木さん」と明かした。

これに対して、設楽は「でも、絶対『ウエッ…』とはなってるし、ショックだとは思うけど。まずは初期だというのと、小木さんの性格からしてさ、あんまり落ち込んでどうこうっていう感じにしないのが、小木さんなんじゃないかなって思うけどね」と言い、日村も「本人も怖いのは怖いんだろうけど、ステージ1だっていうのが何よりだしね。『日村さんも気をつけて』って言われて、改めてそうだなって思った」と感想を述べた。

また、設楽は「小木さん、この機会に本当にしっかりと。とりあえずね、仕事のこととか考えずに。ちゃんと治して、それで仕事に戻ってきてほしい」とエールを送っていた。

なお同番組は、放送後1週間以内であればradikoで聴取可能(エリア外の場合はプレミア会員のみ)。