履正社10―1星稜

履正社が大勝

©一般社団法人共同通信社

履正社―星稜 2回表履正社2死満塁、小深田が中前に2点打を放つ=甲子園

 履正社が11安打10得点で大勝した。一回に2点を先制。二回には小深田や関本の適時打など打者一巡の猛攻で、一挙6点を加えて突き放した。岩崎はコースに投げ分けて、6安打1失点完投した。

 星稜は先発荻原の制球が甘くなり、2回8失点と打ち込まれた。打線は機動力を封じ込まれて、三回の1点だけにとどまった。