韓国外務省「深い失望と憂慮」

靖国奉納、参拝に

©一般社団法人共同通信社

 【ソウル共同】韓国外務省は15日、安倍晋三首相が靖国神社に玉串料を奉納し、閣僚や超党派の議員連盟などが参拝したことについて「深い失望と憂慮を表明する」との報道官論評を発表した。

 論評は「日本の責任ある指導者たちが歴史に対する心からの反省を行動で示してこそ、未来志向的な韓日関係を構築し、さらには周辺国と国際社会の信頼を得ることができる」と指摘した。

 近年と同様に安倍氏や閣僚を名指しして批判することはなかった。