女子競輪、小林優香は6着

五輪代表、「言い訳できない」

©一般社団法人共同通信社

競輪のガールズドリームで6着だった小林優香=名古屋競輪場

 東京五輪の女子ケイリン、スプリント代表に決まっている小林優香(日本競輪選手会)が15日、名古屋市の名古屋競輪場で行われた競輪のガールズドリームに出場、7選手中6着だった。「他の五輪代表は競輪で結果を出している。言い訳はできない」と反省した。

 2番手につけ、後方から仕掛けた選手をやりすごして、まくる戦法に出た。しかし伸び脚がなく上位争いに食い込めなかった。ナショナルチームで使用している競技用の自転車とギアの重さなどが異なるため「感覚が違った。競技なら追い抜けるタイミングだったけど…」と振り返った。